大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくはめいたんてい(4) きょうりゅうのきって(新装版)」 みんなの声

ぼくはめいたんてい(4) きょうりゅうのきって(新装版) 文:マージョリー・W・シャーマット
絵:マーク・シーモント
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年07月
ISBN:9784477026978
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 頼りになります

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なくしもののクロード。他の事件でもそんな感じの彼を見ました。…まあそういう子なのですね。
    毎回毎回、事件をきっちりと解決するネートはすごいと感心してしまいます。
    今度の事件は私の推理が当たって、嬉しかったです。やはり推理しながら読むとより楽しいですね。
    巻末にめいたんていのこころえが載っています。たしかにそうなのですが、なかなか実行ができないもの…(笑)。

    掲載日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 推理、おみごと!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    「消えた犬の絵」以来、このシリーズの大ファンになった息子。
    今回も「めいたんていシリーズだ!」と
    喜んで読んでいました。

    今回のネートのミッションは、
    なくなった切手探し。
    なかなか今回はさすがの彼でも難しいか!と思いましたが、
    最後はとってもお見事な推理でした。
    息子もそのうち「たんていになりたい」なんて
    言い出すんじゃないだろうか・・・。

    長さも難しさも、絵の文のバランスもちょうどよく、
    そして息子くらいの年頃の男の子が夢中になりそうな題材。
    とってもありがたい一冊です。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありがちな無くしもの

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    今、5歳の息子が自分で読める児童書を探しています。このシリーズは文字も少なく、ページも少なめ、それでいてドキドキ、ワクワクでき、どんどん続きが読みたくなります。

    この巻では恐竜の切手の一枚が行方不明になります。ありがちな出来事ですが、大事な切手、一大事ですよね。謎が解けてみると、大人でもこういうなくしかたってありがちだなとクスッと笑えます。

    揃えたくなるシリーズです。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名探偵はいつも大変

    ぼくはめいたんていシリーズ、息子と共に楽しんでいます。

    登場人物が個性的で驚きます。

    ロザモンドがねこの毛を売っているのにびっくりです。

    買う人がいるのかなと思ったら、押し売りだしというところで、笑ってしまいました。

    ユーモラスだし、でもなかなか緻密に検証していくところは、考察の手がかりになりそうだなあと思いました。

    他のお友だちはともかくとして、ネートとはお友だちになってみたいです。

    それにしても、名探偵はいつも大変だなあと思います。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜笑い、最高!

    「ぼくはめいたんてい」シリーズもとうとう4作目に。
    今回も、ちょっとしたヒントでどんどん解決していく
    ネートと一緒に、謎解きを楽しみました。
    今回、息子が気に入った場面は
    ネートのお友達のアニーが飼っている、いぬのヘックスの
    恐竜笑い。とてもへんな顔でニッ!としてるヘックスが
    かわいいやら、滑稽やら〜♪
    きっと、タイトルの「恐竜」とかけたのでしょうね。
    そして、第3作目と同じくクロードの無くしものの依頼とあって
    「クロード、また無くしものしてるよ〜」と呆れますが
    そこがこのシリーズを盛り上げてる要素なので
    毎回楽しませてもらってます。
    さて、残り2作品になりましたが、
    またまたどんな事件が待ってるのか?とてもたのしみです。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達キャラもいいですよ

    ぼくはめいたんていシリーズの第4弾。
    今回もネートの探偵ぶりに楽しませてもらえました。

    今回の依頼主は第3弾の依頼主と同じクロード。
    本当クロードは、よく物をなくすなあ〜とか、
    ネート以外の友達もなかなか面白いキャラです。

    お話もさることながら、そんなところにもこのシリーズの面白さはあるなあと感じちゃいました♪

    シリーズで通してよんでいると、そういうところも楽しめるのでいいですね。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる推理絵本

    少年探偵のネートが犬のスラッジと友達がなくしたという恐竜の切手を探す推理絵本。最初は子供の絵本だと甘く思いながら、読みはじめたのですが、なかなかよく考えられていて、最後の推理もしっかりした物で子供も親も一緒に推理しながら楽しめる本でした。特に犬のスラッジが何とも言えない良さを持っていて子供もすっかりスラッジのファンになりました。子供は推理する事の面白さにはまったので他のシリーズ作も読みたいと言っています。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • アメリカンな

    図書館から長男に借りてきた本。
    眼光鋭く推理を働かせ、ちょっとしたヒントから、見つけ出す、その展開がアメリカンでおもしろかった。

    二年生の長男には、おもしろみがわからなかったかも。

    掲載日:2004/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット