もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ともだちがほしいの」 みんなの声

ともだちがほしいの 作:柴田 愛子
絵:長野 ヒデ子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年3月
ISBN:9784591079713
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,901
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 引っ越してきて…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    引っ越してきて、友達がいない女の子。
    みんながいる場所にはいくのですが…。
    うちの子もいよいよ入園で友達できるといいなーと思いながら読みました。
    おかあさんがこの子を気遣っているのが伝わってきました。どこの親も心配よね。
    やっぱり友達がいるといいよね!

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがわかる

    4歳の娘に読みました。

    社交的でお友達が大好きな娘。なのでこの手の絵本もすごーく興味を持って聞いていることが多いです。予想通り、娘が食いついていました。

    お友達ができるまでの心の葛藤が子供の視点で丁寧に描かれていて、読んでいる親の方もそんなドキドキが聞こえてきて、「がんばって!」と心の中からエールを送りました。
    机の上でのお勉強も大切ですが、小さい頃はまさにこうした人間関係の構築こそがお勉強だと思います。「あそびじま」シリーズ、いいですね!

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引っ越してきて 新しい  幼稚園 「あそび島」似通うのですが・・・・・
    なかなかなじめません

    ふうこちゅんの 「まいごみたい」  こんな気持ちの表現
    みんなが楽しく遊んでいるのを横目で見ている 気持ち
    まいごのきも
     仲間はずれにされている訳じゃないんだけれども・・・・
    なかなかなじめない 気持ち

    あそび島にいくと 閉じこめられているきもちになる ふうこちゃん
    ともだち ともだち  

    ふうこは ともだちがほしいの!  大声で自分の気持ちがいえたふうこちゃん
    いっぽ まえに進めたね〜
    そして やっと みんの輪の中に入れたふうこちゃんの笑顔が最高

    こんなこどものこもちを   大人も 仲間はずれはいやですからね
    いっしょ いっしょ

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入学前の長女に

    卒園したばかりの長女に読みました。これから小学校に行って新しいお友達ができるか親が不安なので、長女にも不安がちょっとでも減るようにと借りてきました。そんなに不安はなかったようですが(笑)

    お友達にがんばって声をかけてお友達が増えていったふうこちゃん。もしお友達ができなくて困ったときに、この絵本をまた読んでああげたいと思います。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感しました

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    引っ越してきたばかりで、ふうこには一緒に遊ぶ友達がいない・・・。
    とても気になるお話です。
    引っ越したことがなくても、初めて子どもを幼稚園に行かせるとき、親として友達できるかな・・・と心配したことを思い出しました。

    私は自分が引っ越したことがあるので、お母さんの気持ちより、ふうこの気持ちにとても共感しました。
    「ふうこは ともだちが ほしいの!」
    こう叫んだふうこの気持ちが痛いほど分かります。
    どんなおもちゃや遊び場があっても、ともだちと遊ぶのでなければ、本当に楽しめない・・・。

    そして、一人で勇気を持ってはるこちゃんに話しかけたふうこちゃん。
    それから、他のことも遊ぶようになりました。
    ここらへんは「コッコさんのともだち」の経緯と似ているな〜と思いました。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は子供といるのがいちばん

    引越してきたばかりで、まだ友達のいないふうこは、1人ぼっちです。
    まるで、「まいご」みたい。
    けして友達が欲しくないわけじゃない。でも、ちょっとこわい。だから、なかなか勇気が出ない。
    そんな時、ふうこの母親みたいに言っちゃう気持ち、よくわかります。
    「おもちゃだってあるし」「1人でも遊べるよね。」って。
    でも、そんなの、励ましになりませんよね。
    子供はやっぱり子供同士で遊びたいんです。子供同士で遊んでるときがいちばん楽しいんです。
    勇気を出して、友達の輪に入っていったふうこに拍手。
    うちの息子も、引っ込み思案で、人が遊んでいるのをじっと見ている。なかなか輪に入れない。自分から自分の思いが口に出来ない子です。
    そんな息子と重ねあわせ、がんばれ〜!の気持ちで読みました。
    この絵本を読んで、息子にも、ちょっと勇気が出るといいな、と思いながら...

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長野ヒデ子さん

    長野ヒデ子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の女の子の気持ちがひしひしと伝わってくる絵本でした。女の子の表情の描き方が上手なのでずんずんと私の心に主人公の気持ちが入ってきました。友達って大切だな!と感じられる絵本でした。何よりも大切な時間を笑って過ごせる友達を持つという事はそれだけで素晴らしい事なのでと思いました。娘にも主人公の様に勇気を出して素敵な友達を作って欲しいなと思いました。主人公の最後のページの笑顔が最高です!私も元気をもらいました!

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おともだちいっぱいつくるんだ」幼稚園にはいったばかりの時娘が言いました。引っ込み思案で、恥ずかしがりやで、私の傍から離れられなかった娘の言葉とは思えない一言でした。
    本を読むのも好きだけど、一人であそぶのも嫌いじゃないけど・・・うん、うん、そうなんだよね。お友達と遊ぶ楽しさを知ってしまったからね。「いっしょにあそぼう!」の勇気の一言が出れば、仲良しへの一歩なんだよね、ふうこちゃん!実は この絵本を選んで持ってきたのは、娘なんです。

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにウチの話だ!

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    引っ越したばかり、のご家庭に、ぜひこの絵本をオススメします。

    実はウチもこのたび引っ越しまして、、、車で7分ほどの移動なんですが
    子供にはやはり「大きな衝撃」だったようで(苦笑)。
    娘の気持ちに、気づいてはいるのですが、どうする事もできず、、、
    そんな訳で、その頃の私は、この絵本の主人公、
    ふうこちゃんのお母さん、そのものでした!!
    娘も、想像するに、ふうこちゃんそのものだったのだと思います。
    読みすすめていくうち、あまりにも状況が「激似」なので、
    「まさにウチの話だ!」と、苦笑いしてしまった絵本です。

    ふうこちゃんが、お母さんに
    「ともだちがほしいの〜〜〜!」と叫ぶページがあるんですが
    ココを読むときは、いつも二人で叫んで読んでました(笑)。

    お話の後半になりますが、
    ともだちをつくるには、一人で遊んでいる子に、声をかけること
    だと気づいた、ふうこちゃんはすごい!
    そして、タイミングをみて「今しかない!!」と思い、
    勇気をだして声をかける、、、
    やった〜〜〜!ふうこちゃん、良かったね〜〜〜!
    と、バンザイしたい気持ちになります。

    あそび島シリーズの1冊だと、読み終わって気づきました。
    これから読破していこうと思います。

    掲載日:2005/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの気持ち、分かるなぁ。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子5歳

    「あそび島シリーズ」から。
    このシリーズ、しばらく前にぼのさんが紹介してましたよね?気になて、図書館で探してきました。
    「あそび島」って、児童館みたいな子供たちが自由に遊べる場所のことだったんですね。

    今回のお話は、引っ越してきたがかりのふう子ちゃんが主人公です。
    新しい土地に早くなれて欲しかったのでしょう。近所にある「あそび島」に、毎日連れて行くふう子ちゃんのお母さん。
    でも、ふう子ちゃんにはそれが少し負担でした。
    それも、そうですよねぇ。だって、新しいお友達を作るのって、とってもパワーがいりますもん。だけど、同じ年頃の子供を育てている物としては、ふう子ちゃんのお母さんの気持ちも、分かるなぁ。
    おとなしい子は特に、新しいお友達を作るのに、時間も勇気も必要なんですよね。最後の方で、ふう子ちゃんは勇気を出して新しいお友達を作ることができました。
    ホント、良かったです。ホッとしました。

    掲載日:2005/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット