おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おとうさんがおとうさんになった日」 みんなの声

おとうさんがおとうさんになった日 作・絵:長野 ヒデ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784494008971
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,839
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • がんばるおとうさんへ。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    「うまれる」テーマが大好きな我が家のこどもたち。
    4歳の娘と読みましたが、
    9歳息子も途中からやってきて、三人で読みました。

    「おとうさんがおとうさんになった日」なので、
    初めて赤ちゃんが生まれる日かと思いきや、
    今回生まれるのは三人目。

    三人目のためにがんばるお父さん、
    そしてはじめてお父さんになった日、
    二回目にお父さんになった日を回想するお父さん。

    そういえば我が家でも、二人目の妊娠が分かった時に、
    「そうか、またお父さんになるのか。」と言っていたなぁ。

    もうとっくにお父さんなのに、へんなの。と思って聞いていましたが、
    新しい命を迎えるということは、
    お父さんにとっても、それなりの覚悟が、いることなのですね。

    これはぜひ我が家の「お父さん」にも一緒に読んでもらって、
    感想を聞きたいと思った一冊でした。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙が出ました

    • 赤青黄さん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    まさに今、3人目妊娠中でいつ産まれてもおかしくない状態です
    上の子にいいかと借りたけど、まずは1人の時間に読んでみたらもう涙、涙
    今までの出産の時の喜びなどの気持ちも思い出し、1ページごとに泣いてしまいました
    まだ”おかあさんが〜”は読んでないので次、絶対に借りてこようと思ってます
    そして我が家にもすぐに最後のページのようになる日が迫ってると思うと楽しみが増えました

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • じ〜ん・・となりました

    娘はもうすぐお姉さんになるので、
    赤ちゃんが出てくる絵本を読んだのですが、
    じ〜ん・・と心が熱くなりました。

    自分が産まれたとき、
    みんながどんな想いで見守ったのか、
    娘に伝わったと思います。
    それにもうじき産まれる弟か妹を
    優しい気持ちで迎えることができるだろうとも思います。

    それが当たり前すぎて、
    普段の生活の中で忘れがちな家族のありがたさを思い出させてくれる
    パパにとってもすばらしい絵本です。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長野ヒデ子さん

    長野ヒデ子さんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。お父さんになるという気持ちがとても分かりやすく書かれているのが良かったです。表現しにくい言葉をあえて一語で言い当てている所は素晴らしいと思いました。さすが長野さんの作品だけあって人の心の描写が上手だなと感心しました。お父さんになるというのは幸せに満ちていてとてもかっこいい事なのだと思える絵本でした。お父さんの気持ちをとても感じられる貴重な絵本でした。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • こちらもいいですね!

    同じシリーズの「おかあさんがおかあさんになった日」がよかったので、こちらも借りてきました。
    そして、こちらもいいですね!
    子供が素朴に、「おとうさんはいつからおとうさんになったの?」と聞くところが、なるほど、確かに!と思ったのでした。
    2番目のお子さんが生まれて、太陽いっぱいの窓に向かっているお父さん、とても素敵な絵だな〜と思いました。
    ぜひ父子で読んでほしい絵本です。

    掲載日:2016/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんはお母さんのように自らのお腹から赤ちゃんを産むわけではないのです  だから 母親のような出産の喜びが味わえないのです

    でも この絵本のように 家庭内出産ができたら、お父さんもすごく感動が味わえると思いました

    この絵本のお父さんはすごく優しいお父さんです
    子どもたちへの接し方 いいですね〜
    子ども達もお父さん大好きですね   笑顔がいっぱいの家庭 幸せが溢れています
    初めて子どもをだっこしたときのお父さんはふるえていました
    でも三人目の子どもは 家で立ち会い出産  今はこのような出産が可能です

    できたらいいですね!   
    命の重み 感動が 感じられてすごいな〜と思います  (お父さんもお兄ちゃんやお姉ちゃんも 感動できたでしょう)

    お父さんがんばってる  お父さんの応援歌ですね

    この絵本 これからパパになる人 ママになる人に 贈りたいですね

    長野ヒデ子さん あたたかい絵本を有り難うございます

    掲載日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんも大変だったのよ

    おかあさんがおかあさんになった日も読んだので、こちらも読み聞かせしました。大きくなり、自分が生まれた時の様子を聞きたくなったので丁度良かったです。

    赤ちゃんが生まれる前のお父さんの様子を、実際にどうだったか盛り込んで読み聞かせしました。お父さん、仕事で忙しいく余り遊んでもらえないけど・・・・こんなに楽しみにしてたり、不安だったりしたのよと。

    君が生まれた日、はじめて抱っこした様子とかも絵本と同じで私も懐かしさがありました。
    愛されて生まれて、待ち遠しかったのよと伝えました。
    息子もとても喜んで聞いていました。

    若干、この本は自宅で産んでいる話なので・・・・個人的には病院バージョンのが良かったかなと思います(お母さんがシリーズと一緒で)

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 産院で

    下の子の出産で産院に入院していた時、産院の本棚に置いてあったので
    お見舞いに来てくれた上の子に読みました。
    「おかあさんがおかあさんになった日」は産院出産が描かれていましたが、こちらは自宅出産。出産後の朝日を見て感慨深げなお父さんや、ラストページでは授乳をしているお母さんの横で、上の子達の子守りをしながら慣れない掃除をしているお父さんが微笑ましいです。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本だ…。涙が止まりません。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    私は2度の出産に旦那様から立ち会って貰いました。旦那様のお陰で私は無事に出産出来たと心から思えます。この本を読んで、自宅出産するとこんな感じかあ…と想像を巡らす事が出来ました。さすがにしませんけどね。笑

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんが、おとうさんがおとうさんになった日を読んだ日

    二人の子どもを助産院で産み、三人目の子どもを妊娠。漠然と家で赤ちゃんを迎えられたら楽しいかなと思いながら過ごしていました。
    「自宅出産?うーん」と夫に難色を示され、反対されてまですることではないし、と思っていたのですが、赤ちゃんを迎える二人の息子のために買った二冊の本が、幸せなお産のきっかけになりました。

    毎晩の読み聞かせのときに、この本を持って父ちゃんのところに行ってくれた次男。そして一生懸命聞いていた長男、誰より一生懸命読んでくれた夫。三人は息を潜めるようにーまるで自分たちの物語を追うかのようにー本を読み進めていき、最終頁の幸せなお母さんを見て本を閉じて、夫の一言。
    「三人目の赤ちゃん、家で迎えようか」
    そう、「決心した」のです。

    この本のお陰で、日常のなかで赤ちゃんを迎えるという当たり前だけど当たり前ではない、幸せなお産を経験することができました。日常のなかで陣痛が来て、おばあちゃんが駆けつけてくれて、大好きな助産婦さんたちが来てくれて。ぼくたちも大活躍して、みんなの赤ちゃんを迎える。この本の通りの幸せな経験でした。

    夫曰く、「これはおれの絵本かもしれない」とのことです。

    しかし納得していないのは、次男。なぜ自分に該当する二番目の子が女の子なのか、それが気に入らない様子です(笑) それくらい、わが家には大切な一冊となりました。隣で眠る小さな小さな三男に、この本を読んで、生まれたときの話をみんなでしてあげるのが楽しみです。

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット