もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

よ−いどんけついっとうしょう」 みんなの声

よ−いどんけついっとうしょう 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年
ISBN:9784265011025
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
「よ−いどんけついっとうしょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一緒にハラハラ・ドキドキ♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「読んだことあるなぁ・・・」と
    思いつつ、リクエストしてました

    そうそう・・・読んだよ、これ
    共感出来る進み具合
    一緒に、「どうしよう・・・」と
    ハラハラ、ドキドキ・・・

    先生が素敵です!!
    こういう寄り添う先生が
    いっぱいいるといいなぁ〜

    障害物競走は、頑張ったんだろうなぁ〜

    元気が出る
    素敵なお話でした

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なお話です・・・

    息子も私も大好きな、「がまんだ がまんだ うんちっち」と同じ作者です。そして、息子は体育会系で運動すること大好き。絵本の表紙が、走っている男の子ときては、もう読まずにはいられないお話でした。

    運動会のお話。またまた、主人公はトイレに行きたがります。かけっこの前には、誰でも抱くこの気持ち。
    泣いている小さな男の子に遭遇してしまったら? 
    主人公は、トイレに行くことを後回しにして、小さな男の子の相手をしてあげます。とっても、優しい気持ち。
    でも、誰にも分かって貰えず、恥かしい結果となってしまいます。
    私は、何だか、とっても嬉しい気持ちになりました。
    いつも思うのですが、梅田夫妻の作品は、内情が細かに書かれており、とっても素晴らしいと思います。
    大好きな先生には、ちゃんと分かって貰えた喜び。
    また、頑張ろうと、はちまきをぎゅっと締め直す、気持ちのところはなんとも言えなくて、たまりませんでした。
    息子も大好きな作品です。

    掲載日:2004/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいお話

    優しいココロになれるような、いいお話ですね。
    道徳の教科書に、掲載されそうだと思いました。
    優しい行いをしたために、徒競走ではビリ・・・
    でも、ちゃんと見ているんですよね。
    やっぱり、優しい気持ちは大切だよ、と子供にも伝わると思いました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動会前後には必ず読みます

     今年もまたこの話を読む時季がきましたね。今年の子ども達はどう思うでしょうか・・・。
     
    徒競走の前ってこんな気持ちになりますね。ドキドキとともにおしっこへ行きたい・・・
     友達とトイレに走った少年は、けがをして泣いている幼い男の子に出会います。この時、私ならどうしただろう? おうちの人を探したり、誰か大人に頼んだり・・・ この少年は優しいですね。でもそのせいで徒競走の自分の順番が来てしまいます。遅れても走ったところにこの少年のまじめさがよく出ています。
     
     なんで走っちゃたんだろう・・・もう恥ずかしい〜という気持ちもすごくよく分かります。
     優しい先生に励まされて、先生の鉢巻をしめたこの少年の運動会はきっと素晴らしいものになったことでしょう。

     これを紹介した時、ある男の先生が、自分はいい匂いはしないけれど同じようにしたいと思うと感想を言ってくださいました。この先生もいい先生だなあと思いました。 

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この純粋さを忘れずに

    小学校初めての運動会での緊張感。
    そんな中で泣いている幼児の世話を優先させた少年。
    徒競走ではグループの番に間に合わなかったけれど、つい我を忘れてゴールしてしまったみんなをおってひとり校庭を走ってしまったけれど、カッコいいぞ!!!
    この純粋さを押し付けてはいけないけれど、きっと誰もが持っている健気さなのです。
    それが、年とともにストレートに表現できなくなっていくんだろうな。
    こんな作品が浮いてしまわないように、人を思いやる気持ちが踏みにじられないように、それは大人の責任。
    梅田さんの思いが小気味よく描かれた作品です。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジーン!

    主人公「ぼく」と同じ小学1年の息子。
    「ぼく」の心の声 私たち親子にも届きましたよ。

    ぼくは優しい男の子。
     ぼくと同じ状況になったら私はどうしてただろうか・・・
     ぼくと同じ行動がとれていただろうか・・・
     見てみぬふりをして後悔していたかも・・・

    ぼくの悔しい、恥ずかしい気持ち よくわかるよ。
     息子も このシーンは真面目な顔で話を聞いていた。
     自分がそうだったらと想像していたようだ。

    状況が手に取るようにわかり、感情移入せずには読めません。
    ラストもすごく素敵で読み終わったあと余韻にひたりたい絵本です。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の勝利って・・・

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    負けず嫌いで、勝ちにこだわる一方で、優しい一面もある長男に読み聞かせしました。
    必ずしも一等賞をとるのが「勝ち」ではないんだよ、数字や結果だけで判断できない「勝ち」もあるんだよ、というメッセージを伝えたくて。

    長男は「優しい子だねぇ」と感心しながら聞いていました。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動しました!

    読みながら感動してしまいました。
    初めての運動会。緊張してトイレに行きたくなる気持ちわかります。
    急いでいても泣いている子がいたら立ち止まる優しさ、かけっこは一番ではないけれど最後まで頑張って走り切り、先生に言ってもらえた言葉。子どもにはこんな男の子のようになってほしいなと思いました。

    運動会の前や進級のときなど色々な場面で読んであげたいです。
    年少では少し難しいと思いましたが、読んでいるときは子どもたちは静かに聞いていました。これからもよんであげたいです。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心深く刻まれる本

    真面目で良い子なのになかなか心の中を言葉にできず、損をすることもある娘に寄り添う本と購入しました。
    最後があったかくて、学校で嫌なことがあった時にでも一人でホッとできるといいなと。

    でも私も鈍くさくて損するタイプなので、読んでいるうちに涙が出そうになりました。主人公の気持ちが手にとるようにわかって。
    後で報われた時のホッとした気持ちに心が緩みます。
    親でなくて先生が言うのも良いですね。
    抜け目のない人っていますが、でも誰にでもあると思うんだ。いいことしたのに損することって。
    大人にも良い絵本だと思います。

    肝心の娘は、そう心深く落ちることなく。特に感想も聞かれませんでした。
    でも普段はそ〜っと本棚に立っている本だと思います。その代わり時が来たら、ずっと心の本棚に立ててある本だと思います。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 場面ごとの空気を感じてほしい

    思いがけない出来事のために、一人で走ってしまったぼくの話し。梅田さんご夫妻の絵本は絵が動いているように感じます。場面ごとの空気が伝わるような気がします。
    トイレを我慢してオタオタしている空気、泣いている知らない子をほおっておけない空気、一人で走ってしまった空気、悔しくてむなしくてどうしようもない空気…。そして最後にはやさしいはなむらせんせいとの場面の空気。
    この絵本もドラマを見ているようです。

    幼稚園、保育園の年長組の運動会の前に読んであげたいと思いました。同時に読んでもらった子ども達に優しさや頑張ることなどが伝われば、と思いました。
    タイトルもすてきです。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット