うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

11ぴきのねこ」 みんなの声

11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784772100045
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,216
みんなの声 総数 170
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

170件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 単純でかわいいねこたち・・・

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、女の子3歳

    言わずと知れたロングセラー絵本ですが、読んだのは初めて。
    私が子どものころからあったはずですが、読んだ記憶は残っていませんでした。
    いつかは子どもに読んでみたいなと思っていて、やっとです。

    実は上の息子が幼稚園でこの絵本を読んでもらって絵を描いたことがあって、それでいつかは親子で読んでみたいと思っていました。ちなみにその絵は先生にもほめていただいて、子どもも覚えていたようです。

    内容は単純ですが、子どもは面白いみたいです。
    みんなで力を合わせて大きな魚を捕まえるところも楽しいし、捕まえた魚をみんなに見せようと連れて帰っている途中で、がまんできなくなっちゃったんですね。
    骨さえ残っていれば十分自慢できるかなと思いますけど。

    子どもたちは大きな魚が見事な骨になってしまうところが一番のようでした。

    掲載日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気ままだけれど、団結力は天下一かも

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    馬場のぼるさんの作品はどれも大好きなのですが、特にお気に入りなのがこの「11ぴきのねこ」シリーズです。
    とらねこたいしょうとその仲間たち、11匹のお話はどれも愉快。記念すべき1作目のこの作品から、すでに魅力が全開です。

    いつもおなかがペコペコの11匹の猫たち。じいさんねこの「山の向こうにある湖には、怪物みたいな大きな魚がいる」という言葉を聞いて、喜び勇んで捕まえに行くことにします。

    ねこの気ままさずるさも表現しつつ、見事な団結力を見せる11匹の仲の良さも、親しまれる理由でしょうか。
    最近の絵本のように色彩に溢れてはいませんが、わかりやすく伸びやかに描かれている馬場さん独特の絵とユーモラスなキャラクターは、長い年月を経ても色褪せません。

    小学校3年生の読み聞かせに使用しましたが、もっと小さなお子さんからでも楽しめる 幅の広い作品だと思います。

    掲載日:2008/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我慢の限界!?

    はらぺこの11匹のねこたちが、大きな魚を捕る為に悪戦苦闘するお話です。

    島で何日も見張りをするねこたちに、とうとうチャンスが訪れ、見事に大きな魚を捕まえることに成功した11匹のねこたち。
    みんなに見せるまで食べないと誓ったのですが・・・。
    夜が明けると、たぬきのお腹をした11匹のねこが気持ちよさそうに寝ています(笑)

    11匹のねこたちの団結力には頭が下がります(笑)

    私が好きなのは、小さな魚を11等分したページです。
    真剣に悩む姿が可愛らしく、また、みんなで均等に分けようとする友だち思いの優しさに感動です。

    “たいりょうぶし”と“ねんねこさっしゃれ”の歌が気になる所ですが・・・(笑)
    いつも笑っている11ぴきの猫が可愛らしくて大好きな一冊です☆
    表紙のイワシ雲を眺める姿も好きです。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 満腹になった11ぴき

    シリーズのほかの絵本は、何度か読んで、内容をしっていたのに
    この最初の絵本は、初めてだったと気づきました。
    小さなおさかなを11匹で分けても、ぽっちりしか食べられなくて
    おおきなさかなの話をきいて、漁に出かけるお話し。
    夢に描いていた以上に大きいおさかなと遭遇して
    どうなるのかとおもったら、ちゃんと獲得してしまうのですね。
    最後のシーンで、ぎょっとなるのですが、子供は面白いみたいですね。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 老人と海 ねこバージョン

    骨太でハードボイルドなヘミングウェイの「老人と海」を、ネコで再現したらこんなにコミカルになってしまうのかも・・・と思えるような冒険絵本です。
    あの手この手を使って巨大魚と死闘を繰り広げるネコ達ですが、せっかく捕まえた魚がまさかあんな事になってしまうなんて。
    それでも後悔する事もなく、満足気な表情で寝そべっているあたりが、やっぱりネコって気ままだなぁと思わせてくれます。

    掲載日:2016/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな絵がこどもの想像力をかきたてる

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    自分も小さい頃に読んだ記憶があり、ストーリーは何となくしか覚えていませんでしたが、イラストは覚えていて懐かしさを感じました。

    絵がシンプルなので、私が読んであげる前に、こどもが絵を見て自分でストーリーを想像しながらページをめくっていって読んでくれました。
    それがだいたいストーリーが合っていたので、すごい!!と思いました。

    しかしながら文字は意外と多いのでもう少し大きくなってからでも違った楽しみかたができると思います。

    掲載日:2016/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのセリフがかわいい

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ねこがすきな2歳の息子に、図書館で借りました。
    最後まで話を聞いていることはできず
    まだ早いかな?と思いましたが、
    本人は気に入っているようで、何度も読んでと持ってきました。

    大きな魚が出てくるところが楽しいみたい。
    あと、ねこのセリフが気に入ったようで、
    遊んでいるときに
    『しょくん、しずかに!われわれはなかまなんだ』といったり、
    ご飯をたべるときに
    『真ん中がおいしそうだなぁ、頭がおっきいぞ、しっぽはやだなぁ』と
    マネをしたりするようになりました。

    11ぴきのシリーズ、他も読んであげたいです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんねこさっしゃれ

    この絵本に何回かでてくる
    ねんねこさっしゃれのうた
    が気になって。。
    読むたびに「ねんねこさっしゃれ?ってなんやねん」
    と私がツッこみをいれてたんですが
    ある時気になってユーチューブで子供と一緒に調べてみました
    でてきました
    昔からある子守唄なんですね
    知らなかったです
    息子もふ〜〜〜んという感じで聞き入っていて
    次から読んだときはその覚えた歌を歌うようになりました。
    たまに思い出したように口ずさんでいます。
    お話自体もおもしろくて、とくに最後のオチがウケてました!

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本嫌いなパパを笑わせた絵本!

    絵本に興味がない夫。
    ふと見ると1人でニヤニヤしながらこの本を読んでいる!

    こんな光景を見たことがないので、「どうしたん?」と尋ねると「さっき、読み聞かせをしているの聞いてんけど、最後に魚を食べたって言ってたから、ちょっと読んでみたくなってん」とのこと。

    子供も大人も笑える絵本。でも、肝心の息子はこのオチがいまいち分かっていなかったよう・・・。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりねこ、でした!

    何匹揃っても、大将がいても、

    やっぱり、ねこ!

    ねこが魚を食べるのを、我慢できるわけないんですよ!

    みんなで頑張って魚を取って、そこまではいいですが、

    そこからは・・・。食べたいですよね〜〜笑

    このお話の最後、大爆笑してほしいです!

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

170件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(170人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット