ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

きつねのものがたり」 みんなの声

きつねのものがたり 作:ヨセフ・ラダ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「きつねのものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 全国学校図書館協議会選定シール!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    初版は1966年になっていました。
    感想のタイトルに書いたように、図書館借り借りてきたこの児童書には、当時のまま「全国学校図書館協議会選定・必読書」シールが貼ってあります。

    ISBNコードもついていないほど、かなり古い児童書です。
    私自身、子どもの頃にも存在していた作品ですが、いろいろな絵本や児童書、昔話と出会った「今」、読んで、とても楽しい作品だとわかりますが、
    子どもの頃に読んでいたらどうかな〜、話的には面白いですが、その面白さが半分も分かっていなかったかも……。

    そのまま読んでも、魅力的な作品ではありますが、出来たらいろいろな作品・昔話に触れてから読むと、さらにお薦めです。

    主人公の「きつね」は、最初、飼い主に聞いた「昔話のきつねみたいなドジはしないぞ」と、意気込んでいろんなことに挑戦するのですが、最初は失敗ばかり、そのうち「自分のやり方」ができてきて、だんだん森のみんなや村の人たちとも仲良くなります。

    この話の前半に語られている昔話はどれも有名な昔話で、
    ブドウの話とか、魚の話とか、魔法のテーブルの話とか、クスクス笑ってしまいました。
    字の大きさも、センテンスもとても読みやすく、さすが、「ロシアの昔話を翻訳されたら日本一!」といっても過言ではない、内田莉沙子さんの翻訳児童書だなぁと、感心しました。

    作品的には小学校中学年くらいから十分楽しめますが、たくさんのお話に触れているお子さんでしたら、なお楽しめる物語です。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット