こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…

ゆきおこし」 みんなの声

ゆきおこし 作:瀬田 貞二
絵:津田 櫓冬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
評価スコア 4
評価ランキング 22,771
みんなの声 総数 1
「ゆきおこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 瀬田貞二さんの科学の本

    瀬田貞二さんで図書館の蔵書検索をかけていたら出てきた本です。

    瀬田さんで雪の本、しかもかがくのとも傑作集ということで、何だか不思議な感じもしましたが、

    赤羽末吉さんを勉強した時に、赤羽さんが日本の雪を書きたいと言われて、松居直さんが白羽の矢を立てられたのが、雪に詳しい瀬田さんということらしく、

    そんなことを併せて考えると、瀬田さんが雪の本というのも考えられることだと思いました。

    「ゆきおこし」とは表紙にもありますが、「ふゆをしらせるくも」ということです。

    なかなか雪が降らない地方では感じづらいところですが、雪国の人なら思い当るかもしれません。

    雲の季節の動きが書かれていますが

    「そして、とうとう ふゆのはじめを しらせるときが あるひ きっぱりと やってくる。」

    という表現を読んで、これは知識ではなく体感として雪をご存知なんだなあと思いました。

    ただ、瀬田さんのご出身は東京都本郷らしく、どうして雪がお詳しいのかが、今のところ私にはわかっていないのが残念なところです。

    昨年、かがくのともの1号から50号までが復刊となりましたが、この本も復刊してほしいです。

    福音館書店、たくさんいい本がありますよね。

    若い編集の方は、昔の本のことをあまり知られないのかな。

    小学校での読み聞かせにも使えそうですし、ああこの本ほしいと思いました。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    3

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット