しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しんとしずかな、ほん」 みんなの声

しんとしずかな、ほん 作:デボラ・アンダーウッド
絵:レナータ・リウスカ
訳:江國 香織
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784895728218
評価スコア 3.91
評価ランキング 28,607
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色々な静かさ

    このお話は、色々な静かさを紹介してありました。物の静かさや、心の静かさ、色々な静かさをこの絵本を読んで知ることができて表現の素敵さみたいなものが伝わってきてよかったって思いました。子供も自分ありの静かさを言ったりして楽しんでいました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    原題は、THE QUIET BOOKS。
    とにかく、静かなシーンを集めたという体裁を取っています。
    最初の方は、学校がテーマになっていて、動物達の静かなシーンに少し連続性があるのですが、それからは、あまり脈絡のない展開となっています。
    一枚の絵を、それぞれの背景も考えながら楽しむという趣向なので、読み聞かせをする類の絵本というよりは、絵を見て楽しむというのが適切かも知れません。
    特に気にいったのは、
    「壁に落書きしたのが見つかって
    理由を聞かれたりすると しーんとなる」
    というページ。
    トナカイの子供が、本当に打ちひしがれている姿が印象的です。

    出来れば、大きなストーリーの枠組みがあって、そのストーリーに基づいた一枚が展開する流れだと、興味を持って貰えると思うのですが、一寸子供には向かない感があります。
    対象年齢が難しい絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな静けさ

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    静けさに包まれるシーンを集めた絵本。

    表紙の可愛らしい絵に惹かれて手に取りました。
    はっとした瞬間、落ち込んでいる瞬間、緊張する瞬間…
    自分では思いつかないような、なるほど〜と思ってしまうシーンも多くありました。

    お気に入りは『どきどきする しずかさ』
    動物と触れ合うことの少なかった私が、初めてペットを飼った時のことを思い出しました。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の中でうなずく?

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子8歳、男の子6歳、

    3年生・4年生の読み語りに持参しました。

    朝から「しーん」はつまらないかな?と思ったら、
    意外に 聴き入ってくれていました。
    ところどころ、思い当たる「しずかさ」に、きっと心の中で
    今うなずいてる!って伝わってきます。

    いろんな「しずかさ」「しーん」があって、しんみりしたり
    クスッとわらったり、じんわりしたり、ドキドキしたり、
    聴き手はもしかしたら忙しかったかも!?(笑)

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • しんと、しずかに読みたいほん

    なんとなく、おとな向きの絵本かなぁ・・・と感じました。
    とても懐かしい場面もあったり、日本にはない静かさだったりして楽しめました。
    イラストがステキで、本の内容がイラストに助けられた感じにも思えます。私は好きな感じの絵本です。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 含みわらい

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    色んな静かさがあるんですよね
    絵に惹かれて借りてきましたが、動物たちの表情もなんか細かくて面白いです
    子どもならではの感覚と、大人にしかわからないような「しずかさ」も出てくるので、「ムフフ・・」と含み笑いもしてしまいます
    絵本が小さいので、親子で読むほうがお勧めですかね

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな「静かさ」を体感

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「にぎやかな ほん!」の前に
    この絵本だったのですね

    この絵本で、イグアナがわかっちゃった!!

    それにしても
    いろいろな「静か」さがあるものです

    絵の雰囲気がなんともいいんです

    わかる〜と思うものと
    へぇ〜と、思うものと

    寝る前に、読むのもいいかもしれませんね

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつひとつがしみる

    以前、江國 香織さんの「都の子」という本を読んだことがあるのですが
    その本は、江國さんの好きだと感じるものなどが書き連ねられた本でした。
    この本の訳も江國 香織さん。
    そして、静かなものの羅列。
    すこし似てるなと思いました。
    原書はどんな文なのでしょうね。
    きっそれをと表現するために無数にある言葉から選んでくるのだろうなと想像すると
    訳の大切さとか、センスとかって、とても大事だなぁと思います。

    この本は「静か」というものをいろんな角度から表現しています。
    読み聞かせの導入部分に、静かへと導いていくために、どうでしょう。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちを静めたい時に〜

    日常生活での色々な場面で
    出会う“しーん”としたしずかさ〜
    そこには、わくわくや どきどきも
    含まれています♪

    絵本の動物たちの表情がとっても豊で
    気持ちを上手に表していて、
    読み手に寄り添ってくれる感じがいいですね〜

    声に出して読んでみて下さい。
    ザワザワした気持ちがしずまっていきますよ♪

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ・・・ある。・・・ある。

     図書館の新刊本で並んでいたので借りてみました。

     色々な静かさが出てくるので、
    ・・・ある。 ・・・ある。と腑に落ちるものが
    次々と出てきます。

     読む人読む人で、・・・ある。のポイントは違うと思います。

    でも、「あ〜〜〜こういう時“しーん”とするよなあ」と
    しみじみ感じるページに出会える可能性は大変高い気がします。


     10歳の息子は
      
     
     ぼうつきのあめを なめている しずかさ

     いもうとが ねむっているときの しーっ

    を、読み終えた後つぶやいていました。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット