おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

動物の寿命」 みんなの声

動物の寿命 作・絵:増井 光子
出版社:素朴社
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784915513954
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「動物の寿命」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命のことを考える

    動物、昆虫、魚と我が家にも子どもの興味に合わせて図鑑を揃えてきましたが、動物の寿命についての図鑑は初めて見ました。ちょうど、飼い犬がなくなってしまうという悲しい出来事を経験したばかりだった子どもは、このタイトルに何か感じるものがあったのでしょう。必死に何か調べていました。平均的な寿命なので一概には言えませんが、飼い犬の一般的な寿命は11年ほどらしく、それをみた子どもは少し安堵したかのように、あー良かった。17年も生きられたからきっと幸せだったんだよね。と言いました。

    生き物には必ず死があります。
    動物や昆虫、それぞれの生態を知った子どもは、寿命を知ることも大切なことだと感じました。

    ありそうでなかったこの図鑑は、子どもたちの心にもなにか命のことを考えるきっかけになると思います。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • よこはま動物園(ズーラシア)の園長をされている増井光子さんが
    監修されたものです。
    この本を手に取ってみるまで、正直いって動物の寿命のことを
    考えてみたこともありませんでした。

    今まで、生き物大好きな息子に「〜は何歳まで生きるの?」と何度聞かれたことか。
    答えられずに適当にやり過ごしていたのですが、この本があれば答えられる!
    と思い、手に取りました。

    リアルなイラストなので、写真が無くても充分満足できます。
    寿命のことだけじゃなく、その生き物の生態の補足もしっかりされているので、
    大人でも、「あ、そうなんだ〜」って思える、そんな本です。
    スズメはおよそ2〜3年、ダンゴムシはおよそ4〜6年の寿命だったなんて
    大きな図鑑にも載ってませんし、なかなか知り得ないですよね。

    生き物にとって生と死は切り離せないもの。
    あえて寿命のことを取り上げた、画期的な学習絵本!
    生き物大好きな子供に、オススメだと思います。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット