ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

死を食べる」 みんなの声

死を食べる 写真:宮崎 学
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784035262206
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃的な一冊

    ”Animals’ Eyes(アニマルアイズ)”という、
    動物の目で環境を見るシリーズ全5巻のうちの2巻目になります。
    全国学校図書館協議会選定、学校図書館出版賞受賞。

    本のタイトルからして、ちょっとドキッとさせられますよね。
    この本では、さまざまな生き物の死がたくさん出てきます。
    著者はプロのカメラマン。だから、生き物たちの遺体写真が載っています。
    しかも、ただ遺体写真を羅列しているわけではありません。
    時間の経過と共に、その遺体がどうなっていくのか観察記録になっていたりします。

    そんな写真なんて見たくないですか?気持ち悪いですか?汚いですか?
    でも、少し考えてみて下さい。私達が普段食べている食卓には、
    さまざまな動物のお肉が並べられていませんか?
    そう、私達はさまざまな”動物の死”をおいしそうに食べているのです。

    自然界で亡くなった生き物たちは、自然界で生きている生き物たちによって
    分解され、腐っていきます。みんな、死を食べています。
    死は食べられることで、他の生き物の命に変わっていきます。
    死が命を繋いでいるのです。

    この本を図書館で見つけた時、正直言って息子に見せて良いか迷いました。
    かなりグロい写真もありましたので。
    でも男の子だからでしょうか、すごく見たがったんですね。

    ”死んだらどうなる?”は、子供の頃、誰もが一度は疑問に思うこと。
    人間だって死を食べている。動物も死を食べている。
    目に見えない小さな生き物も死を食べている。
    死を食べているから、自分達は生きているんだよ。

    そういうことを説明しながらページを進めたのですが、
    息子にとってはとても興味深い話だったようです。
    一人でもパラパラめくって何度も本を見返していました。

    さまざまな生き物の死が、さまざまな生き物の命を繋いでいること。
    子供から大人までハッとさせられる、衝撃的な一冊だと思います。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット