なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

車のいろは空のいろ(2) 春のお客さん」 みんなの声

車のいろは空のいろ(2) 春のお客さん 作:あまん きみこ
絵:北田卓史
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784591064436
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,778
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 松井さんと一緒に

    「車のいろは空のいろ」シリーズ2作目です。

    この本でも前作と同じく不思議で素敵なお話が7話入っています。特に表題の「春のお客さん」と「やさしいてんき雨」が気に入りました。

    あまんさんの文章は、本当にリズムがあって読みやすいです。まさに教科書に載っている「白いぼうし」のように、どれも是非声に出して読みたい、そんな作品ばかりです。

    松井さんのタクシーは実に不思議なことばかり起きるのですが、それは松井さんの力なのか、はたまた空色タクシーの力なのか・・・いずれにせよ、松井さんと色々様々な体験をしていく心地よさがあります。

    お話に出てくる様々な橋や公園、通りや町の名前が、表表紙裏に地図になっているので、息子は読みながら地図で場所を探したりして楽しんでいました。

    北田卓史さんの挿絵も、どこか懐かしさを覚えるような温かさがあって素敵だと思います。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松井さんの人柄が魅力

    前作の「車のいろは空のいろ1 白いぼうし」を親子で読み、
    このシリーズが気に入りましたので、続編を読んでみました。 

    空色のぴかぴかのタクシーの運転手さんが、さまざまなお客を
    乗せた時の不思議なお話が幾つか集まり、1冊の本になっています。
    タクシーの運転手、松井五郎さんも元気です(笑)

    前作にもありましたので、動物をタクシーに乗せてしまう流れは、
    さほど驚かなかったのですが、「やさしいてんき雨」のような、
    松井さん自身が動物に間違われるとか、「虹の林のむこうまで」の
    ような、白鳥の気持ちを代弁したようなストーリー、はたまた
    雲の妖精?と思われる子を乗せたり、人間のお客を乗せての
    不思議エピソード、話の展開が想像を超えていてとても面白く
    読ませてもらいました。

    1つのお話が15〜20ページと長すぎないので、テンポよく
    区切って読み切れるのと、そのたびに新しいお話が始まるので、
    キツネにつままれたようなストーリーが多いのですが、常に想像力を
    掻き立てられるので、途中で飽きさせない不思議な魅力があります。

    松井さんのお客さんは、人間だけではありません。
    動物や虫、人形におもちゃ、時には幽霊?妖精?と思われる
    お客さんまで乗せてしまったりします。
    動揺をするものの、分け隔てなくタクシーに乗せて送り届ける
    松井さんの人柄、それがこの本の一番の魅力なんだと思います。

    シリーズ3冊目も是非読みたいと思います。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット