もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

これなんてよむ?」 みんなの声

これなんてよむ? 作・絵:砂山 恵美子
出版社:ポトス出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784901979276
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 植物の漢字  えっ? これなんてよむのかな〜?
    昔の人が考えた漢字  意味が込められているのですね
    この本のいいところは ちゃんと 説明もあって わかりやすいところです

    たんぽぽ 読みにくいのもあって・・・  

    どこかで見かけてるのもあるんですが   
    つつじは 漢字も難しくて どうしてこんな漢字が生まれたか不思議です
    大人でもなかなか 難しいのに 子ども達にちょっと 聞いてみようかな?

    身近なのはしっているかな?

    動物の漢字は学童の子ども達とクイズ形式で楽しみました

    掲載日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の読み聞かせの五年生のクラスで
    聞きました。
    五年生では習わない漢字がほとんどですが、
    フラッシュカードっぽく、ぱっぱっぱと見せて、
    みんなが口々に好き勝手なことを言いながら
    見ていくのは楽しかったです。
    羊歯から始まって、鬼灯とか、躑躅とか。
    読み聞かせのつかみや、ちょっと時間があまったときなどに
    いいかも!

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は高学年。6年生を中心に20人ほど来てくれました。

    こちらでレビューを見て、図書館で検索したところ、
    「どうぶつのかんじ」と「たべもののかんじ」の
    2冊あることが分かり、どちらも借りました。
    中身をぱらっと見たところ「たべもののかんじ」は
    高学年にはやさしすぎる、と思ったので、
    「たべもののかんじ」は時間が余ったら読むことにして
    一応持っていきました。

    当日は「どうぶつのかんじ」を一冊目に読みました。
    一問目からみんな食いついてくれて
    答えの後に少し文章がついてるけど
    いらないくらい、盛り上がりました。
    その日読む予定の本は、ホワイトボードに並べて
    置いておくのですが
    よほど面白かったと見えて読み終わった後、
    「たべもののかんじ」が並んでいるのを
    目ざとく見つけて「次はこれ読んで!」と
    リクエストされましたが「これは簡単すぎると思うねん。
    だから時間が余ったら読むわな〜」と言って
    間に2冊はさんで、少し時間が余ったので
    「たべもののかんじ」も読みました。
    やはり高学年にはやさしすぎて、
    ほぼすべての漢字でページをめくってすぐ
    正解の答えが出てました。

    導入や〆に最適です。
    まだ漢字自体をあまり知らない低学年以下には
    お勧めできませんが、中学年以上は盛り上がること間違いなし!
    2年生の我が子を相手に練習したときは
    「どうぶつのかんじ」は約7分かかりました。
    「たべもの」は練習しなかったけど、当日は
    答えが出るのが早かったので2・3分で終わりました
    …ただ、文章をほとんど読んでない、
    というか、読ませてもらえなかったんだけど…。
    でも、楽しかったです!

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漢字の勉強

    この絵本は、食べ物の漢字がとってもたくさん出てきていました。子供は、ただの漢字の勉強だと面白くないと思うのですが、この絵本みたいに絵も付いていて、クイズみたいになっていたからとっても楽しく学べていたと思います。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろ動物漢字集合〜〜

    「河豚」「河馬」「海豚」これ動物の漢字なんだけど
    どう読むのでしょう??
    クイズ形式に進んでゆくのですが
    なんとなく字面から想像できないこともありませんよね。
    もうすぐ8歳の娘とふたりで
    漢字のお勉強というよりもイマジネーションを働かせて
    読み進めました。
    海月(くらげ)と海星(ひとで)、そして
    百舌(もず)と百足(むかで)が対になって描かれていたりして
    子どもの漢字への興味関心が前よりも増したように思います。
    ぜひお子さんと読んでみてくださいね。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット