ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

せんそうってなんだったの?3家族」 みんなの声

せんそうってなんだったの?3家族 監修:田代 脩
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784052027284
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族をうしなうこと

    戦争体験者の語りを絵本で紹介しているシリーズの第3巻です。
    この巻は戦争に振り回される家族のことが描かれています。そして、家族の一員である愛犬についても同様だったことが書かれています。
    2編の話が載っています。


    第1話
    「ひまわりは今も」 西川夏代:文 / 尾崎曜子:絵 
     4人兄弟の3番目で次女の私。姉が嫁ぎ、兄は徴兵で戦争に。自分は家業の農業を継ぐからと、兄に言われて学校に行かせてもらった私も軍需工場にかりだされます。
     戦争に行く兄から「家を守ってっくれ」と言われた私はの遺志を継ぐことになります。
     戦死した兄が戦地から送っていた10粒ほどのヒマワリの種。
     なぜヒマワリの種なのかは解らないけれど、その種が今もヒマワリを咲かせています。
     戦争で家族を失うことほど悲しいことはありませんが、残された者はその戦争をずっと引きずっているのですね。
     家督を継いだ坂本さんにとって、人生に曇りがないことを祈りました。

    第2話
    「クロをつれていかないで」 井上こみち:文 / あいのやゆき:絵
     愛犬のクロが「戦争に必要なので差し出すように」と徴用されていきます。犬にとって戦争などという意識はありません。連れて行かれる道々はしゃぎ回ったり、匂い付けをしたり…。
     最近軍事犬のドラマを見て、犬も軍事用に使われたという事実を知りましたが、誰にとっても戦争は悲惨だと再認識しました。
     井上こみちさんには戦争と犬を題材にしたお話が他にもあり、動物に対する愛情たっぷりのお話になっています。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット