おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん?」 みんなの声

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん? 作・絵:スティーナ・ヴィルセン
訳:ヘレンハルメ美穂
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784861011870
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,898
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 「しちゃいけないよ」は魅力的誘惑の言葉

     まさしく“やんちゃっ子”です。

     おばあちゃんの取り合いも、さることながら、クッキーの生地をそのまま食べちゃうなんて(笑)。
     「〜、しちゃいけないよ〜。」なんて効果なし。
     しっかり見届けていないと、何を仕出かすかわかったもんじゃない。
     むしろ、この年頃の子どもたちには、「〜、しちゃいけないよ〜。」は、「〜してごら〜ん」くらい魅力的な誘惑の言葉に響いてしまうのかもしれませんね。
     
     さて、こぐまさんが、いとこにおばあちゃんを独り占めされそうで、危機感をもって様子を眺めているシーンが愉快です。
     「・・・じぶんのほうが おおきいと おもってさ。そりゃ おおおいきけど かわいくないもん・・・」には、参りました。
     この年にして、小さい=可愛い 、だから、ぼくって可愛いっていうこと解っちゃてるんですからね。

     ところが、いとこくんのピンチにこぐまさんの心に変化が、・・・。
     お子さんと読む時に、一緒にこの優しさを褒めてあげたいですね。

     お国柄かもしれませんが、本を読む時にテーブルに置かれた蝋燭が素敵でした。
     不思議な世界へ入って行き、お話が終わったら吹き消し、現実の世界へ戻って来るっていう道具に使われることもあると聞いたことがあります。

     おばあちゃんて、小さなことにとらわれずおおらかで、ハプニングにも動じない、親とは異なる安心感と包容力が、子どもたちには魅力的な存在なのでしょうね。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • びっくりしました

    ゲボーってしたからびっくりしました。

    そんなに食べなくてもいいのにって思いました。

    まだ焼いてないのだから、焼けるまで待てばいいのにと思います。

    焼いたのを食べた方がいいと思います。

    ぼくにもいとこがいますが、いとこは小さくてかわいいから、よくいっしょに遊びます。

    この子たちももっとなかよくしたらいいのにと思いました。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • いとこをいとこ呼ばわり。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    子供の本質的な部分がよく描かれているのではないでしょうか。笑 嘔吐シーンが出てくる絵本っていうのもなかなかないですよね。おばあちゃんもいて、いとこもいて、こんなに幸せなことないよ!だから大っ嫌いとか言わないでね!

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズ第3弾とあって読んでみました。
    やはり色使いが新鮮でハッとさせられます。
    おばあちゃんの靴もとても女っぽいヒールでさすがヨーロッパだなあと、妙なところで感じ入ってしまいました。
    お話はもともとタイトルからしてかなり興味ある内容。
    というのも、うちはおばあちゃんと同居しているので、いつかこういう状況になるんじゃないかと想像しているのです。
    今一つピンとこない様子の息子も下の子が成長したら、そのうち共感できる1冊になるのかもね。
    それまでこの絵本は寝かせておくことにします。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きです

    この絵本の親子が大好きです!!なんかリアルな生活をかわいく絵本に仕上げてあるのが気に入ってまし。うちの子はぐるぐるって色を塗ってあるのが好きみたいで気に入ってます。この本読んであげたらおばあちゃんに会いたくなってました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとことおばあちゃんのとりあい

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。普通なら、きょうだいとママの取り合いをするのに、この絵本はいとことおばあちゃんのとりあい。珍しい展開です。

    おばあちゃんちでおばあちゃんと遊んでいると、いとこがやってきていとこもおばあちゃんと一緒に遊びだします。でも、自分のおばあちゃんだから、とやきもちをやきはじめる。そんな中、いとこはおなかが痛くなり、かわいそうになる。やっぱりおばあちゃんを独占するのはよくないよな、と。

    とりあいの対象がママではなくおばあちゃんという珍しい展開ですが、いとこに対しても優しさがみられるというのがいいですね。親戚であるがゆえに戦いだけで終わらないのですから。うちも息子に同い年のいとこがいますが、まだおばあちゃんのとりあいにはなりません。なるのかどうかもわかりませんが、なってもそういうやさしさを持って接してほしいものです。やさしさが感じられる絵本です。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんは偉大

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    スウェーデンで大人気のイラストレーターであるスティーナ・ヴィルセンさんの作。
    やんちゃっ子シリーズは、本国では10作も出ている絵本シリーズですが、日本で3冊同時発売されたもの。
    出版社は、落合恵子さんのクレヨンハウス。

    この作品は、その2にあたります。
    1作目で登場した、ぶたくまさん、うさぎさん、とりさんは登場せず。
    2作目で登場したこぐまさんが再登場し、今回は、そのおばあちゃんといとこが登場です。

    こぐまさんは、おばあちゃんを独り占めにしたいのだけど、いとこがいて嫉妬してしまいます。
    この気持ちって、子供なら誰しも経験することではないでしょうか?
    お話は、それでは終わらず、いとこの泣くところを見て、こぐまさんも同情し最後は仲良く三人で本を読むシーンで終わります。
    何とも良い余韻の残るエンディングなので、最後のシーンが一番気にいりました。

    2作目とは異なりますが、あるあると共感できるお話だと思います。
    やはり、おばあちゃんは偉大だと思わざるを得ない作品です。

    掲載日:2011/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜あやっちゃった

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    これもこぐまさんが出てきます
    こんどはおばあちゃんまでも・・・・いとこ・・・?

    預かっているんですかね
    それにしてもクッキーの生生地を食べちゃうなんて、、、
    甘〜いにおいについつい口に入れてしまったんですね

    しかも「げぼっ」とかリアルだし、
    子供の急変にも動じないおばあちゃんはやはりすごい
    大人も充分楽しめる絵本です

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなおばあちゃん

    大好きなおばあちゃんは、いつも自分の傍にいてほしい。そして、誰にもとられたくない。その子供の様子が伝わってきます。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力

    何となくですが、ムーミンっぽい感じで、でも何でしょう。

    かわいくはないのですが、妙に残るとでもいうのか。

    不思議な魅力のあるキャラクターです。

    おばあちゃんを一人占めしたいのはよく伝わってきました。

    いとこの胸のうちは複雑なんだなあと思うと、

    いつこに急に優しさを感じるのも何だか納得。

    で、一つだけ。

    読み聞かせをする時に、裏表紙を見せて終わるといいますが、

    この絵本は裏表紙を見せると、またストーリーが戻ってしまうような気がしました。

    この点は、最近紙芝居で言われているように、表紙に戻った方がすっきりするように思います。

    内容もキャラクターもインパクトがありました。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット