もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん?」 みんなの声

やんちゃっ子の絵本 (3) だれのおばあちゃん? 作・絵:スティーナ・ヴィルセン
訳:ヘレンハルメ美穂
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784861011870
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,185
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

  • 素敵なおばあちゃん☆

    クッキーを焼く前に食べちゃって「ゲボーッ」と吐いてしまう場面に驚きました(>_<)
    なかなか吐く絵本ってないですよね?
    まさに、やんちゃっ子の絵本ですね!

    このおばあちゃんなら取り合いになるなる。
    子ども目線の、懐の大きい、あったかい、素敵なおばあちゃんです。

    トラブルがあったからこそ従兄弟の気持ちに触れることが出来た。
    パパやママがいなくて心細い気持ちは同じ、おばあちゃんに甘えたい気持ちは同じ。
    だと分かったのですね。

    おばあちゃんを真ん中にして、3人が毛布にくるまっている姿に癒されました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • すねてました

    いとこがいないウチの子供はこの本を読んですねていました。

    どんないとこでも、いるだけでとっても羨ましかったのでしょう。
    初めはこのいかにもにくにくしげないとこに文句を
    言っていましたが、最後に三人でくつろぐ所では
    本当にいいなと思ったようです。

    子供の心の機微を本当によく読み取った作品だからこそ
    そのような感情も生まれたのかなと思いました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりじめな頃

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    前頁立ち読みで読んでみました。

    2でママとやりあってた「こぐまさん」が
    今度は大好きなおばあちゃんのところへやってきます。

    好き好き、大好き!なのですが、そこへ自分よりもちょっと大きくて
    大嫌いないとこがやってきます。

    なぜいとこが嫌いかというと、おばあちゃんをひとりじめしようと
    するから。

    あ〜、うちでもよくあります。
    兄ちゃんが膝にのってると、次男が慌てて割り込んできたり。

    兄弟ではホントによくある風景。
    でも、こぐまさんは一人っ子のようだから、こういう場面は
    おばあちゃんの家で「いとこ」と一緒にならないとないのかな。

    その嫌ないとこのことを、ある事件をきっかけに
    そこまで嫌いじゃなくなります。

    「これ誰のじゃなくて、二人のでしょ」って
    我が家でよく言うなぁ〜。

    ひとりじめが始まった頃に、親子で読むといいかも。

    可愛らしい絵柄ではないし、目つきがちょっと悪いけど
    「やんちゃっ子」楽しいです。

    兄ちゃんに読んだら・・・きっとフンって笑うかな。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「好きなひと」をひとりじめ。いつも、いつまでもそうしていたいけど
     もうひとりなかまが入ってもきもちいい。
     きっと子どもも、おとなの人も感じてる「好きなひとのひとりじめ」 そんな気持ちをやさしくときほぐしてくれるおはなしです。 

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クセになります

    この絵がなぜか気になってしまいます。こぐまちゃんはおばあちゃんが大好きなのにいとこも甘えにくるから嫌い!一生懸命おばあちゃんを自分の方にひきこもうとする気分、なんだか分かります。おばあちゃんも大変ですね!二人をあやして面倒みて、、、好かれているから全く苦ではないのかな。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クッキー生地とバケツ

     くま、には見えないラフなタッチの絵がかわいいです。
     兄弟ではなく、いとこげんか、というのがめずらしいです。パワフルなおばあちゃんは、うまく収めますね。

     「おくちからゲボー」のいとこは、かわいそうだけど、ちょっと笑ってしまいました。生のクッキーなんておいしくないのに、と子どもが言っていました。
     でもこんなこともいい経験ですね。いつか、こぐまさんといとこが大きくなったとき、楽しい思い出になっているはずです。

     おばあちゃんとこぐまさんといとこが一体になって、ソファーで絵本を読んでいる場面が、いいなと思いました。
     
     見返しの、クッキー生地とバケツの絵。最初はなんだろう、と思ったのですが最後まで読むと、クスッと笑えてきます。おしゃれですね。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界共通

    おばあちゃんが優しいのって世界共通なんですね。
    実際、私の母(息子にとってのおばあちゃん)も、今ちょうどインフルエンザにかかって
    寝ている息子に、毎日、電話をかけて心配してくれています。

    この話の中で印象的なのは、まず、こぐまくんの目と、こぐまくんたちがおばあちゃんに
    べったりしている挿絵です。
    べったりしているところでは、おばあちゃんとこぐまくん、もしくは おばあちゃんといとこの
    境がなくなってしまい2人が一体化しているところです。
    本当にこぐまちゃんやいとこはおばあちゃんが大好きなんだな、そして、おばあちゃんは
    ものすごく2人に愛情を注いでくれているんだな、と感じさせらます。

    また、何より衝撃的なのは、「げぼ」を描いてしまっているところです! 
    日本の良作と呼ばれている絵本の挿絵にはあんまり出てこないんじゃないのかな。
    そういう意味では斬新で、息子も、ビックリしていました。

    でも、それがまた、こどもにとっては面白いでしょうね。
    注意されたのにやめなかったから、ああなっちゃったんだよねぇって。

    私は、このおばあちゃんみたいに吐かれて汚されたら、優しく出来ません! 
    「あ”〜!!」っと確実に怒鳴っちゃいます...
    修行も愛情も足りないのかな?!

    この絵本はたしかにおばあちゃんの優しさがたっぷりと詰め込まれていて、おばあちゃんの
    ことが大好きなのをとても感じる絵本ですが、私個人としては、題名はどちらかというと
    『いとこ』かな? という気がします。

    おばあちゃんのわけ隔てない愛を通して、いとこのことを少し分かってあげれてよかったね、
    こぐまくん。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの、しみじみ。

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    やんちゃっ子の絵本シリーズ3

    シリーズ1,2と読んだ後、同じようなワクワク感をもって本を開きました。

    ん?ちょっと、違う。。?

    ほのぼの、しみじみな感じです。歳の近いいとこがいる息子は、いとことばあばの事を思いながら聞いていました。

    おばあちゃんが大好きな主人公。一緒にいるととってもとっても幸せです。でも・・、いとこが来ると一人占め出来ません。今日もいとこがやってきました。


    読みながら、私も遠い昔に いとこたちとおばあちゃんにまとわりついたときのことを思い出しました。年代が大きく変わったのに、子どもの感じ方(嫉妬?)は同じなんだなあ・・とあったかいような、懐かしいような不思議な感覚に浸れました。

    少子化でいとこのいない子もいるかもしれませんね。。読み聞かせにもぴったりなお話です。

    (読み時間:3〜4分)

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんっていいな!

    やんちゃっ子のえほんシリーズ、第3弾です。

    タイトルからして、おばあちゃんの取り合いをするお話かな?と
    予想しながら読みました。どうやら、こぐまさん対いとこの、
    おばあちゃんの取り合いのようです。

    おばあちゃんを独占しようとするいとこのことが嫌いなこぐまさん
    でしたが、徐々にいとこがおばあちゃんを独占したがる理由が
    なんとな〜くですが、明らかになってきます。

    この絵本には、こぐまさんといとこのお父さん、お母さんは登場しません。
    おそらく、事情があって一時的におばあちゃんの家に預けられたという
    設定のようです。
    かわいい孫たちのために、クッキーを焼いたり本を読んだり、何が起こっても
    ゆったりと優しく対応しているおばあちゃんの姿に、こちらまで心が
    あったかくなりました。

    「あったかいなあ」「なんだか いいきぶん」

    そうそう、おばあちゃんってそんな感じなんですよね。
    おばあちゃんに優しく包まれているこぐまさんといとこの絵を見ていたら、
    とっても羨ましくなりました。

    おばあちゃんっていいな!と思わせてくれる素敵な一冊だと思います。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微妙な間柄

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    表紙のおばあちゃんの、
    困ったような、2人をなだめるような表情がとってもいいですね。

    いとこ同士で仲良く出来ればいいのでしょうけれど、
    2人ともおばあちゃんが大好き過ぎて、そうもいかないのでしょうか。
    取り合いされるなんて、おばあちゃん冥利に尽きますが、
    表紙の表情のように、困ってしまいますよね。

    うちの上の娘は、
    2つ下の妹の悪戯は大目に見たりフォローしてくれたりするのに、
    1つ年下の従妹の悪戯には、物っ凄いヒートアップして怒ります。
    やめてくれないと、声が嗄れるくらい大泣きしてしまうほど;

    時にはお友達よりも近しい存在なのだけれど、
    意外と顔を合わせる機会は多くなくて理解し合えているはずもない、
    いとこって、微妙な間柄。

    親を取り合っての弟や妹に対する葛藤ではなくて、
    おばあちゃん・いとこという設定が、とっても面白いと思いました。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット