もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

生きようよ」 みんなの声

生きようよ 作:細谷亮太
絵:いせひでこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784265801978
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,512
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもは死んじゃいけない

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    小児科医となって40年がたち、体調を崩したことをきっかけに、この本を書いたとのことです
    なぜ小児科医になったのか、それは自身の生い立ちにも関係するものとして、赤裸々に自分史を語られています

    何度も繰り返し活字になっている言葉は「子どもは死んじゃいけない・・・」です
    小児ガンの専門医として、治らない病気になってしまい、残念ながら亡くなってしまう子どもたちを多く看取ってきた作者自身の悲しみ・・

    子どもを亡くされたご両親の事、病気の子供同士がお互いを思いやってあげられること・・・・

    様々な作者の体験をもとに、「いのち」「にんげん」というものを深く考えずにはいられないお話でした

    ですから毎年3万人の方が自殺をする日本の現状を見逃せない、まして子どもの自殺なんて、あってはいけない!と

    作者は「人は人を信じる力を取り戻さなければいけない・・・」と強く訴えています

    また働くことについて「一人の病気を治すことが、その人を治し、ひいいては国がいい状態になることにつながる」と記してます

    一人の人間のなせることには限りがあるかもしれません
    でも地道であるけれどそれをやり遂げる方をたくさん作れば、決して不可能ではないと私も信じます

    未来ある子どもたちが安心して過ごせる、心豊かな日本を私たち大人の責任として、果たさなければと強く感じました

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもは死んじゃいけない

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    聖路加国際病院の小児科医、細谷亮太さんが語る、命のメッセージ。
    小児がんが専門であるため、多くの子どもたちの死に接し、
    そのたびに、ひっそり大泣きするお医者さんです。
    そんな細谷さんが、自分の経験上、子どもたちに伝えたいメッセージが
    綴られています。
    繰り返し綴られる「子どもは死んではいけない人」という表現がよくわかります。
    ご自身の生い立ちを振り返り、子ども時代の大切さを語るとともに、
    「いつもいいことさがし」といった、生きる上での、ポジティブシンキングの
    仕方も書いてくれています。
    これは簡単ですから、誰にでも、いつでも、実践できますね。
    いせひでこさんの挿絵が、優しく寄り添っています。
    多くの子どもたちに読んでほしいです。
    もちろん、大人の人にも。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット