だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

魚がすいすい」 みんなの声

魚がすいすい 作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784893095077
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせの枕に最適

    読み聞かせの最初に使いました。
    端っこをお友達に持ってもらって、だんだん読みながらジャバラを開けていくと「おー」歓声がわきます。
    こんな本のかたちのあるんだ、興味津々で見てくれます。
    夏休みの工作のヒントにもなるかも。

    屏風の様にで飾っておきたい本です。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きな絵

    絵本というよりも、「絵」そのものですね。
    じゃばらを広げていったときに、「えっ!こんなに大きいの!」と驚きました。
    子供たちは、一匹の魚の骨の絵のほうが、興味を示していましたね。
    やはり、迫力があります。
    破かれないように、かなり気をつけて扱っていました。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 額に入れて飾っておきたい

    「木がずらり」とともに、息子が生まれる前に、
    我が家を建ててくれた建築家さんご夫婦からいただいた絵本。
    1歳前で何度か読んでみましたが、あまり興味を示さなかったので、
    破かれないようにしまっておきましたが、
    2歳半前で話せるようになってきたので解禁。

    ジャバラ式で、裏と表のストーリーが違い、「こんな絵本あったんだ!!」とびっくりした1冊でした。
    ちなみに表面は、
    ジャバラを少しずつ広げて読む時と、全部広げて読む時と、かなり印象が違います。

    ツペラツペラさんの、この海と魚の絵が大好きです(ジャバラ表面を広げた状態)。

    表面は海でのいろいろなシーンで形容詞や擬音語が多発されています。
    「わくわく」とか「いらいら」、「すいすい」とか。
    息子もそこそこ興味を示したものの、裏面の長い魚の骨の絵をみるやいなや、
    その絵で線路ごっこを始めてしまったのでした(拍子抜け)。
    そんな使い方があったか。。はー。

    デザインが好きな方にはおすすめです。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おとうさん・パパ・おとうちゃん / うめぼしさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット