もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

アキンボとマントヒヒ」 みんなの声

アキンボとマントヒヒ 作:アレグザンダー・マコール・スミス
絵:広野 多珂子
訳:もりうちすみこ
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784580821132
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「アキンボとマントヒヒ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マントヒヒの社会

    カバーに印刷された情報によるとアキンボシリーズというものがあるようです。

    アキンボの父は動物保護区のパトロール隊長。アキンボは、動物学者のジェンといとこのコシと一緒にマントヒヒの調査に出かけます。

    マントヒヒについて巻末にも説明がありますが、霊長類でありながらゴリラやチンパンジーの仲間ではないようです。

    マントヒヒの社会の集団での上下関係は、人間社会のようなところが感じられました。

    動物が出てくる読物としてすぐに浮かぶのはシートン動物記です。

    このシリーズを読むのが初めてですが、少年が主人公ということもあり、

    子どもにとっては親近感を持って読める読物だと思います。

    針金がささったヒヒの救助作戦については読んでいただくとして、

    私自身はマントヒヒのことについては何も知らなかったので、また一つ勉強になったなあという思いでした。

    息子には最初の方だけ読み聞かせをしたら、その後は自分で読んでいました。

    中級以上とありますが、活字も大きくページ数は128ページで挿絵もありますので、読みやすかったようです。

    シリーズの他の作品では他の動物たちとの関わりも出てくるようなので続けて読み進めていけたらと思います。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット