雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

おとうさんおかえり」 みんなの声

おとうさんおかえり 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:スティーヴン・サベッジ
訳:さくま ゆみこ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784893095084
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,973
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • リノリウム版画の絵が絶品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マーガレット・ワイズ・ブラウンは、42歳の若さで1952年に亡くなったのですが、実に100冊以上を世に残しています。
    さらに凄いのは、70以上もの未出版の原稿が残されていたこと。
    彼女の姉妹、Roberta Brown Rauchが売ろうとして上手くいかず、杉のトランクに何十年もしまっておいたのですが、1991年ウォーターマーク社のエイミー・グレイが500枚以上のタイプ原稿を再発見し、これらの出版にとりかかったとされています。
    今回の作品は、文は、2010By Roberta Brown Rauchとあり、生前に発刊されたものではないようです。
    驚いたのは、絵を描いたスティーブン・サヴェッジ。
    1965年生まれとあり、この文に合わせて絵を描いたものと思われますが、実に文章とその時代にマッチングしています。
    リノリウム版画を使った独特の作風で、ニューヨークタイムズ紙、ニューズウィーク誌へのイラスト提供や、絵本制作など、様々なジャンルで活躍とありましたが、木版にない粗さが魅力的です。
    しかも、その色合いが絶品。
    どのページも主体と背景がこの上ない纏まりを見せていて、しかも、色調が全く違うのです。

    物語は、
    「よるになりました。
     おとうさんたちが かえってきますよ」
    という文章で始まります。
    色々な生物のおとうさんが帰ってくるエピソードが繰り返されるのですが、マーガレット・ワイズ・ブラウンらしいリズミカルなもの。
    読み聞かせに相応しい作品と言えるでしょう。

    最後のスティーヴン・サヴェッジの
    「私を父親してくれた妻のステファニーと娘のクロエに」
    という言葉も素敵で、非常に高い水準の絵本としてオススメします。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • このままポスターにして飾っておきたい

    仕事を終えて帰ってくるおとうさんと、それを迎える子どもたちとのシーンを切り取って集めたという構成。魚も虫も、鳥も・・・みんな子どもたちはお父さんの帰りを待ちわびているんですね。どのシーンも素敵でした。
    それにしても、この表紙の絵が素敵です。このままポスターにして飾っておきたいくらいです。

    掲載日:2015/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしい絵本

    色々なおとうさんが、それぞれの家族のもとに帰ります。
    ほほえましいな、と思う反面、ライオンはひとりで暮らしているから自分のところに帰ります、という言葉に自然の厳しさのようなものも感じます。

    版画特有のシンプルな線と味わいのある色づかいが、目に優しく、とても素晴らしい絵本に仕上がっています。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の絆を感じる絵本

     おとうさんが、夜、家に帰ってきます。さかなのおとうさんも、てんとうむしのおとうさんも、くもも いぬも・・・。

     とても単純な流れの絵本ですが、母と子の関係が描かれた絵本が多い中で、新鮮に感じられました。同じような繰り返しばかりでなく、「ライオンのおとうさんは、ひとりで くらしています。」という フェイントが面白いです。

     リノリウム版画の技法が使われた絵だということです。色が美しく、温かみ、安心感のある絵だと感じられました。特に、くものページが気に入りました。「くも」という意外性とデザインがステキです。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆のお父さん

    このお話は、色々な動物や男の子のお父さんが子供たちの所に帰ってくるお話でした。動物の種類によってお父さんのかえってき方が違っていたのが面白かったみたいです。うちの子は魚のお父さんが一番気に入っていたみたいで「うちの子父さんも泳いで帰ってこないか!?」って笑って言っていました。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい色彩

    4〜5歳児に読みました
    夜になって子供たちのところに帰ってくるおとうさん
    はじめは海のさかなのおとうさんが、帰ってきます
    てんとうむし、うさぎ、くも、イヌ、ことり、かたつむりと次々にお父さんが子供のところへ・・・・
    版画のように美しい色彩がきれいでした
    起きているうちには、お父さんは帰ってこないという子供もいたので、
    「お仕事がんばっているんだね」と声をかけましたが・・・

    掲載日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特に魚のうろこの感じがすごいです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    とにかく各ページの絵がすごく素敵です。
    内容としては、お父さんが夕方や夜になって、子どもたちの待つ家(巣)に帰ってくるという繰り返しなのですが、
    それぞれの生き物たちの世界が、単純だけどはっきりとわかりやすく描かれていました。
    この絵の描き方は何を使っているのでしょうか?パソコンかな?
    特に魚のうろこの感じはすごかったです。
    2,3歳くらいから5,6歳くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんの存在の大切さ

    今 お父さんは仕事が忙しくて 帰りが遅い人も折られるでしょう
    でも この絵本は お父さんの存在の大切さを伝えるステキな絵本です

    さかな  てんとうむし うさぎ  くも いぬ ことり かたつむり
    ぶた
    あら? ライオンのおとうさんはちょっとさびしいな〜
    ひとりでくらしているから じぶんのところにかえってきます

    そして ラストは 船乗りのおとうさんが 子供の所に帰ってきます
    「おとうさん おかえり」
    船乗りだったら 毎日 帰れないのでしょうね?
    おとうさん 子供が大好きな存在のお父さんでいてほしですね

    「おとうさん おかえり」
    ホットしますね この言葉

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夕方読みたい本です

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    面白い題名に、次男が手に取りました。

    色々な動物のおとうさんの帰宅を描いてます。
    みんな、夜になるといえに帰るのです。
    もちろん最後のページは人間のお父さんです。

    どのお父さんの表情も、子供の顔を見ると仕事から家族の一員の顔になる気がします。
    読み進めていて、とても温かい気持ちになりました。
    ぜひ夕方、夫の帰宅前に読みたいです。
    そしてお父さんお帰りなさいを言ってあげたくなる一冊ですね。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が安心する絵本

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「お父さん、早く帰ってこないかな〜」と呟いたり、
    天気が悪いと「お父さん、大丈夫かしら」なんて時々言う上の娘。
    主人は仕事が遅く、先に眠ってしまっている事が殆どですが、
    お父さんが帰ってくると、下の娘も一緒になって大騒ぎ。
    とってもとっても嬉しいようです。

    そんな娘なので、この絵本をとても喜びました。
    娘は、主人に読んでもらうよりも、主人が不在の時に読む方が好き。
    「お父さんはちゃんと帰ってくる」という確認作業というか、
    この本を読むことで“安心”出来るようです。

    母親は登場しませんが、きっとどの子どもも母親と一緒にいたはず。
    でも子どもって、お父さんが帰ってくると、
    「もうお父さんしか見えない!!」という状態になりますよね(笑)。
    それを如実に表しているようで、父と子だけが登場する所がとても良かったです。

    図書館の新刊コーナーで偶然見つけましたが、
    リノリウムの版画にも味があり、とても素敵な絵本でした。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット