しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まちのいぬといなかのかえる」 みんなの声

まちのいぬといなかのかえる 作:モー・ウィレムズ
絵:ジョン・J・ミュース
訳:さくま ゆみこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784001112221
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,045
みんなの声 総数 12
「まちのいぬといなかのかえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 四季の自然と友達と

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    Coopの家庭班の絵本の紹介にあって
    気になって、図書室にリクエスト

    上手な絵です
    先輩の保育士さんちのロンに似てるかも(^^ゞ
    と、ページをめくって・・・・

    春夏秋冬・・・そして、ふたたび春

    いいですねぇ・・・

    森の中の四季がなんともいえません

    一緒に遊ぶ姿もなんともいいんです
    カエルは冬眠ではないのかな・・・
    って、ちょっと淋しげな風だけど
    まさかの「かえるわらい」には
    笑ってしまいました

    上手だなぁ〜

    セサミストリートの放送作家さん!
    なるほど〜でした

    ほしいかも(^^ゞ
    プレゼントにもお薦めです♪
    大人の方にも、是非!

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • この、まちのいぬは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    いなかのかえるの事が本当に好きなんだなぁ。かえるが冬眠してしまって、かえるが現れるのを待っているまちのいぬの背中の寂しそうな事といったら…!「君を友達にしてやってもいいけどね」は上から目線だからやめた方がいいと思うよ!今後の為にね!

    掲載日:2017/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情と四季

    環境や習性が全くちがうふたりが、それぞれの遊びを経験したり、思い出を分かち合ったりする姿に、ほっこりしました。

    春夏秋冬、そして再び春。
    お互いの環境や習性の違いが、季節の変化によって伝わってくるのが切なくて、心に染み入りました。

    とても美しい物語だなって思いました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホロリとする友情のお話しでした
    まちのいぬと田舎のかえるの出会い
    はる なつ あき ふゆの四季の二人 友情がはぐくまれていくのが見事に描かれています
    絵がとてもステキで いぬの表情やかえるの表情がリアルで 見事です
    二人の友情にホロリとさせられます
    ふゆ かえるは冬眠していなくなりました
    いぬは 寒さの中じっとかえるを待っていたのです
    夏の日のことを思い出しているシーンの見事な絵は 心に響きます
    いぬはかえるを待ち続けていたのですね・・・・

    またはるが巡ってきてきました 
    いぬのかえる笑いの顔  本当に 笑えましたが なんだかじーんときました   
     りすとであい友達になるのですが・・・・ かえると再会できたらどんなに嬉しいでしょうね!(目に浮かびます)

    マイブックにしたいすてきなお話しでした  絵も最高です!

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季にわかれてかかれた絵本。すごくステキなストーリーです。最後冬にカエルが冬眠したのかな?そのあと春がきてまたカエルと再会できると思ってましたがそこに現れたのはリス。でもそこがまたいいストーリーだなと思いました。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬とカエル、そして・・・

    このお話は、町からやってきた犬が田舎で見つけたかえると仲良くなって、一年一緒にとっても楽しんでいるお話でした。でも、冬が来たらカエルはいなくなって、春が来ても犬の所には現れませんでした。そこで犬がとった行動は、近くにいたリスと友達になりました(笑)切り替え速すぎですね!!

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季折々の美しい水彩画

    犬の頭の上にカエルが乗っている大きな水彩画が目に入り思わず手に取りました。

    物語が春夏秋冬そしてまた春と季節ごとに分かれていて、毎回「それははるのことでした」ということばと印象的なその季節ごとの絵で締めくくられているのがとても素敵です。

    絵のことばかり書きましたが、もちろんストーリーもかわいらしいです。
    フレーズの繰り返しがあったり擬音があったりするので幼児から低学年のへ読み聞かせに向いているんじゃないかなと思いましたが我が家では7歳の娘に読んだのですが10歳の息子も横で聞いていて、読み終わった後で先に感想述べたのは息子の方でした。

    本の最後はいぬの「きみをともだちにしてもいいけどね」というはじめのほうでカエルが言ったセリフで終わっているのですが、息子はこれを聞いて「もしかしてまえもずっ話が続いてたんじゃない? 」とうれしそうに自分の想像を膨らませていました。

    読み聞かせ時間は4分強でした。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうして冬にカエルくんはいないの?

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    田舎へ引っ越してきた犬がカエルと友達になります。
    春夏秋、とお互いが遊びを教えあったりして仲良く過ごしていくのですが・・・
    秋頃から物寂しい雰囲気となり、とうとう冬。
    せつないです。
    犬はカエルの不在理由をちゃんとわかっているのかな?
    勝手に友達をやめてしまったと思ってないかな?などと考えてしまいました。

    再びの春、犬の笑顔とセリフが胸を打ちました。
    四季の移ろいも感じられる素敵な一冊です。
    子供はあっさりとした反応でしたが、親の私のほうがウルウルしてしまいました。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の心変わり

    田舎にやってきた町の犬が友だちになったのはカエルでした。
    犬とカエルはとても仲の良い友だちになりました。
    犬とカエルの生活がとても鮮やかに描かれています。
    四季を通じての友だち。
    だけど、冬にはカエルはいません。
    春になって、冬眠からカエルが覚めると思ったら、犬は今度シマリスと友だちになりました。
    あっさりとしていて、ちょっと拍子抜けしました。
    カエルは冬眠してたのじゃなかったのかな。
    カエルが冬眠から覚めまた登場するのだったら、シマリスとカエルと犬で友だちになれれば良いと思いました。

    掲載日:2012/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠じゃなかったの?

    まちのいぬと、いなかのかえるの友情ですね。
    出会いは、春。
    それから冬まで、二人は本当に仲良しだと思いました。
    季節ごとの絵が、とてもきれいです。

    この二人の別れは、かえるの冬眠だとおもったのですが・・・
    春になっても、再会できなかったので、少し寂しかったです。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット