雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

ポケットのなかで…」 みんなの声

ポケットのなかで… 作:鈴川 ひとみ
文・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784323013800
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,733
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 楽しめました!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    こころちゃんという女の子のスモックのポケットの中のうさぎのカタチのボタン(ミミ)や水色の安全ピン(ロロ)が主人公のお話で,ポケットの中のモノ達というのがとても新鮮に感じました。
    ミミとロロが付けられたベレー帽,我が家の娘の幼稚園もベレー帽で登園するのでこころちゃんと同じことを喜んでいました。
    大人になりお嫁さんになったこころちゃんのお話もよかったです!

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    こころちゃんはぽけっとにいろいろ入れるのですが
    すぐ忘れてしまいます。
    安全ピンのロロとうさぎのミミはポケットの中で仲良くなります。
    そしてふたりはくっついてポケットからの脱出をはかります。
    こころちゃんは
    くっついている二人をとっても気に入って
    幼稚園のお帽子にくっつけてくれました。

    そして時がたって結婚式をする日また登場するのです。
    こ親目線ではかわいらしいお話ですが
    なんともさみしさも残るような、
    立派におおきくなったんだなぁとすてきな女性に成長したこころちゃんを
    想像するのでした。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっといっしょ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ポケットの中に入れて忘れてしまう…私もすごく思い当ってしまう人間です。
    忘れ物のお話かと思いきやいいお話でした。
    ずっといっしょ…母親から娘へのメッセージが素敵です。
    ポケットの中の忘れ物だった2つがここまで活躍するとは思いませんでした。
    大きくなったこころちゃんからすればもう忘れることのない大切な思い出の品になったでしょうね。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に残るおはなし

    ふたりがポケットの中から外に出たとき、
    私もなんだか楽しい気持ちになりました!

    暗がりから抜け出すとポジティブになれるのは、
    人も物も同じなのかも・・・?

    「十数年後・・・」
    これはドラマや漫画ではありがちですが、
    絵本ではとても珍しいと思います。

    とても素敵で、心に残るおはなしでした。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほほえましい

    お母さんが、こころちゃんの結婚式で、ミミとロロのブローチをつけるところが、素敵だと思いました。
    そして、こころちゃんが結婚した相手の人。
    「相手の人はめだたないけど、優しくまじめな人でした」のところで、ロロみたいなひとだなぁと思いました。
    ミミにそっくりなこころちゃん。
    ロロにそっくりな旦那さん。
    二人はきっと、ミミとロロみたいにずっとずっと一緒に仲良く笑いあっているんだろうなぁと、ホッコリしました。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にいる幸せ

    安全ピンのロロとうさぎの形をしたミミのように仲良しさんが、ずっと

    一緒にいる幸せがいいなあって思いました。お互いに協力するのは勿論

    傍にいる鉛筆さんたちの手助けも素敵だと思いました。のんびりやのこ

    ころちゃんの傍にいつまでもロロとミミがいるのは、お母さんの気持ち

    がとても優しくて母親だなあって胸があつくなりました。いもとようこ

    さんの絵も可愛くて温かい気持ちになれました。とても素敵な絵本です

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロロとミミの物語

     ロロとミミのやりとりが、なんともほほえましいです。こころちゃんの結婚という展開が、おもしろいなと思いました。
     いもとさんの絵は、あたたくてやさしいので、気持ちがゆったりしてきます。

     最後のページのロロとミミのしあわせそうな顔に、こちらもにっこりしてしまいます。こころちゃんの幸せを願いながら、自分たちも幸せなのがつたわってきます。ロロとミミの十数年間の物語も知りたくなります。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましい

    こころちゃんは何でもポケットに入れてしまいます。そして入れたものをすぐに忘れてしまいます。こころちゃんのポケットの中でおこる微笑ましいお話です。
    そんなこころちゃん、すこし娘に似ています。うわぎのポケットにはいろんなものが。。。お名前も似ているのでいっしょだいっしょだと言いながら娘と二人で楽しく読みました。
    こころちゃんのお母さんのアイデアが素敵ですね。

    文章はしっかりとあるので、小学校1・2年生まで長く読める絵本だと思います。
    絵はいもとようこさんなので申し分なくかわいく、安心して読めます。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結婚式でプレゼント

    娘さんが結婚するときに
    プレゼントしたら良いなーと思いました。
    とても温かい気持ちになります。
    お母さんが読むと心がほっとするかもしれません。
    ただ子供が読むとどういう反応するかな?
    まだ二歳なのでわかりません。

    気持ちが入った物は大切にしましょう。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとようこさんの絵がかわいくて、ふんわりした水彩画の絵柄そのもののかわいらしいお話でした。ポケットに忘れられたものたちのお話かと思ったら、意外な展開。幼稚園から嫁ぐ日まで、ずっと物を大切にするお話はすてきです。宝物好きのおませな女の子にはお気に入りになりそうです。でもこの時の流れを、小さい子供が理解できるかな、という気も。5歳の娘は「大きくなってプリンセスになったんだ」と言いましたが、やはりお嫁さんの絵がないので、読み終わるとすぐに「プリンセスはどこにいた?」と聞かれてしまいました。物を大切にする気持ちをテーマにしたのはよかったのですが・・・。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット