貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ヘンなえほん」 みんなの声

ヘンなえほん 作・絵:井上 洋介
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1991年11月
ISBN:9784593564101
評価スコア 4
評価ランキング 23,846
みんなの声 総数 1
「ヘンなえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こみあげてくる笑い

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    ナンセンスを描いたら、長さんか井上さんかっていうくらい、井上さんの作品はナンセンスに浸りたいときに読みたくなります。
    このヘンなえほん、ヘンです。とっても。でも、そのヘンがありえないヘンではなくって、結構あるある!って思えるヘンなんです。そこがいい。わざわざつくってない、ごく自然なヘンかもって思うと、うれしくなるんです。ヘン好きって、私だけじゃないと思うので、ぜひぜひたくさんの人にヘンを味わっていただきたい!
    読むと、かちかちだった心がほぐれます。あ〜、こんなゆるさを心は欲していたんだなあって発見したり。理屈をぬきにして、おすすめしたくなる一冊です。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット