しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きょうりゅうたちのおやすみなさい」 みんなの声

きょうりゅうたちのおやすみなさい 作:ジェイン・ヨーレン
絵:マーク・ティーグ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年
ISBN:9784338126274
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,460
みんなの声 総数 21
「きょうりゅうたちのおやすみなさい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子どもはみんな恐竜か

    子どもはどこでも、不機嫌な時は怪獣だったり恐竜だったりするのでしょうか。
    様々な家庭の子どもの紹介を兼ねて(?)、様々な恐竜たちを紹介していて、とてもユーモラスな絵本です。
    でも、お休みのときに読んであげると、本当の恐竜になってしまうかも。

    掲載日:2016/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの可愛いきょうりゅうちゃん♪

    きょうりゅう好きの息子が図書館で借りてきて
    すごく気に入ったので、購入。
    なかなか寝ない子供をきょうりゅうにみたてたストーリーです。
    大きな絵本なので、とっても迫力があるきょうりゅうの絵ですが
    どこか可愛らしく憎めないキュートさが子供をよく
    現していると思いました。
    うっすらとなんの恐竜かが絵になじんで記してあるのも
    オシャレで、見るつけて教えてあげるのが楽しいです。
    見返しのきょうりゅうのイラストもうちの子は大のお気に入りで
    眺めてはあてています。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもが恐竜に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おとうさん、おかあさんが声をかけても寝ないこどもたち。
    そんなこどもたちの姿がきょうりゅうとして描かれています。こどもよりもおとなのほうがこの比喩にはうなづいてしまいそうです。幼い私のこどもたちは素直に絵のままにきょうりゅうのこととして受け止めていたのではないかな?
    きょうりゅう好きな子にいかがでしょう。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子でもOK

    5歳4歳の娘たちに読みました。恐竜が出てくるので、女の子には興味がないかなと思いましたが、全く問題なしでした。

    子供を恐竜に見立てて描いた絵本です。いろいろな恐竜が出てきて、「○○ちゃんみたいだねー」と言うと、「違うもん。」と言ってふてくされていましたが・・・。性別問わず楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの恐竜の勉強になる愛情深い本

    恐竜は寝る時間になっても暴れちゃうかな?といろんな恐竜で想像させ、ちゃんとした良い恐竜は、ちゃんとおとなしく挨拶してキスしてハグして眠るのよ、というオチ。

    結末部分が、親子の愛情を感じ取れて、うちでも「可愛いわっ、チュッ。ぎゅううう〜」ってやったりしますが、似たような感じですね!

    暴れる部分(悪い子部分)で毎回、恐竜の種類がドアやなんかに英語や日本語で描かれていて、あとは表紙裏なんかにも全部の恐竜の絵と名前が書いてあるのでお勉強にもなります。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外見とのキャップ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    きょうりゅう大好きな息子と読みました
    「もうねなさい」とパパやママに言われたとき恐竜だったら…と
    想像するだけでわくわくします

    突っ伏して泣くとか
    普段息子たちが当たり前にしているみたいなことを
    きょうりゅうがしているのに息子たちが笑っていました

    怖そうに見えるきょうりゅう。
    でもおやすみなさいの時はあんなにいい子なんだ!って
    少し残念そうでした
    息子的には暴れ倒してパパママを困らせきってほしかったみたいです

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜を子どもに置き換えてみると

    「きょうりゅうたちがかぜをひいた」を先に読んでいたので、息子が「この本読んだことがある」と言いました。

    文と絵のコンビが「…かぜをひいた」と同じなので、間違えてしまうのも仕方がないですね。

    私も初めてこの本を手に取った時に、この本を読んだかなあって思いました。

    この本、実際には読んだことはなかったです。

    「…かぜをひいた」と同様に、恐竜を子どもに置き換えてみると、いかなもありそうな光景が満載でした。

    恐竜の絵もどこかかわいらしく(前はそうは思えなかったのですが、読みなれていくうちにそう思えるようになりました)感じました。

    子どもを恐竜に見立てているような感じでおもしろかったです。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に子供は恐竜です。

    次々に出てくる迫力ある恐竜の絵に子供は釘付けです。
    丁寧に小さく恐竜の名前が書いてあるので
    1つ1つ教えてあげるととても喜びます。
    家でも子供を怪獣と呼ぶことがありますが
    眠る前の子供って本当にこんな感じだと思います。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの恐竜は・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    うちにも二匹恐竜がいます(笑)
    息子はトリケラトプスかな。
    娘はトラコドンかな。
    理想は・・・・ステゴザウルスかな。

    この絵本では、寝る前必ずといっていいほどある親と子の様子。
    「もう寝なさい」「もう寝る時間よ」という親の言葉。
    それに対し、色々な恐竜と共に、色々な反応が描かれています。
    怒り出す恐竜もいれば、おりこうにお布団へ入る恐竜もいます。
    その恐竜を見ながら、息子はだれかな?娘はだれかな?と会話をしながら楽しみました。

    部屋のどこかにさりげな〜〜く書かれている恐竜の名前。
    それを探すのも楽しかったです^^

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠る前のひととき

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    恐竜好きにはたまらない〜。
    ページの隅々まで目一杯の大きな恐竜の絵は迫力あります!

    子供たちはみんな寝る前にベッドの部屋でだだをこねるけど、
    眠いからなんだよね。
    甘えて眠るかわいい子供達。。
    おやすみなさい。

    我が家でも、寝る前に読む絵本の定番です。

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット