もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

どうぶつニュースの時間」 みんなの声

どうぶつニュースの時間 作・絵:あべ 弘士
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784652008843
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,856
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 高視聴率間違いなし!の楽しいニュース番組

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    可愛い女子アナの森野こりすさんと
    大御所の雰囲気を醸し出す、解説委員・黴原(かびはら)さんが送る「どうぶつニュース」、
    動物界ではきっと高視聴率間違いなし!の面白さでした。

    児童書ですが、落書きみたいな味わいの絵や手書きの文章もたっぷり。
    登場人物(動物)の名前はどれもダジャレ含み、
    ニュースの内容も、コメントもツッコミどころ満載です。

    事件、スポーツ、野牛ヒロシ!の世界遺産、天気予報・・・どれも楽しかったですが、
    息子達が一番盛り上がったのはCM、特に「くろ亀宅配便」。
    「きょう出せば1ヶ月で届く!」
    「まにあうかもしれない安心パックもあります」なんて、
    ありえない宣伝文句に大笑いでした。

    小3の長男が気に入って、一人でもちょこちょこ読んでいたのですが、
    寝転がってニヤニヤと読む姿は、
    まさに、休日、寝転がってTVのスポーツニュースを見ている主人のようでした。

    笑いながら、実は興味深い動物達の生態も学べるこのニュース番組、
    小学生〜大人の方におすすめです!

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • ホントに楽しいニュースを見ているみたい。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    上の子が先に読んで、つぼに入りました。
    読み聞かせをしてあげたら、ホントに面白かったです。
    実際にありそうなキャスティングには、脱帽です。
    アナウンサーは、りすの「森野こりす」。
    解説の黴原はヒゲ面のカバ。
    記者はヘビの蛇島ぺロ子。
    最初はハイジャック事件のニュースからで、犯人はライオンの大山嵐。でも、パイロット(機長はワニの有川)の顔があまりに恐ろしかったので、何も出来ずに終わってしまったのです。
    事件の様子から、周りの人達の会話がとてもコミカルでした。
    さらに、この絵本はニュース仕立てになっているので、CMまで入っているんです。
    おなじみ、○ナミンCをパクった「ネコジタンD」に、クロ○コヤマトをパクった「くろ亀宅配便」には、笑えました。
    その他、スポーツあり、天気予報あり特集ありで、ホントに楽しいニュースを見ているようでした。

    掲載日:2004/07/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 時代を映すだじゃれ動物本

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     あべ弘士の虜になった娘が自ら購入してきた本。内容は「TVニュースを真似たたわいないもの」、いいえ、決してそう思ってはいけません。
     確かに楽しい出来上がりではあります。しかし出版前年、日本で凶悪な飛行機ハイジャック事件が不幸にも起こっています。六甲山のイノシシ親子が町に頻繁に出没、悪戯するという一方的なニュースもよく見かけました。シドニーオリンピック直前で、地球南側の環境や動物の番組が盛んでした。当時は何気なくニヤニヤしながら読んでいた娘でしたが、時間が経てば、あべ弘士の動物への真意が理解できるだろうと考えます。
     のど元過ぎれば・・・ではいけないのです。ニュースは常に、過去・現在・未来と一連なのですから、あべ弘士流ブラックに深く頭をたれる小生です。感謝。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!

    テレビの夜のニュース番組のパロディなんですが・・・
    これが、すごく、面白い!!!

    最初に登場するキャスター、解説委員の名前と容貌をみたところでまず笑ってしまいます。(黴原さん・・・カピバラなんですよ)
    最初のニュースはハイジャック。
    なんて物騒なニュース・・・と思いきや。
    犯人が隠し持っていた意外な凶器、そして意外な?犯人。
    インタビューに登場する人々も、いちいち面白いです。

    ニュースとニュースの合間には、CMが挟まれています。
    有名な商品のパロディなんですが、よく出来ています。

    パロディは、元を知らないとたっぷり楽しめませんよね。
    この本は親世代の方がより楽しめるかもしれません。
    息子にはぴんと来ない部分もあったようですが(シドニーオリンピックとか、ちょっと古い話もあるので・・)、解説してあげると納得したようで面白がっていました。

    続編もぜひ読みたいと思います。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親世代にもおススメ!

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    もう最初から最後まで笑えます。

    動物のニュースのお話です。
    ニュースの内容はもちろんのこと、出てくる名前、コマーシャルの内容まで笑いどころ満載。
    もしかしたら、大人のほうがより楽しめるかもしれません。
    だって、「野牛ヒロシ」で笑えるのって、やっぱり親世代ですもんね。笑
    すみずみまで見落とさないようにしないともったいないです。

    子供がもう大きくなったお母さんも、まだ小さい子を持つお母さんも、是非一度読んでみてほしいです。
    きっといい気分転換になると思います。

    私は、早速続編のほうをチェックしたいと思います。笑

    掲載日:2009/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い!!

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    ここでのレビューで、面白いと評判だったので
    図書館で借りてきました。

    ほんと面白くて、読んでいて楽しい。

    この本の登場人物はすべて動物。
    動物の世界だったら、こんなニュースやCMなんだろうな〜・・

    「どうぶつニュース」をアナウンサーの森野こりすや、
    記者の蛇島ペロ子などが伝えてくれます。
    名前も面白いでしょ!

    CMも、私たちにおなじみのCMばかり。
    子供たちも、CMはお気に入りです。

    よくアナウンサーごっこをして遊んでいた娘は、
    この本で、本物のアナウンサーになりきって、
    ニュースを伝えています。(今から、将来の練習かな?)
    娘のお気に入りの本になりそう。
    この本は購入決定!!

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人間よりうまいんじゃない?

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    この本の「2」から先に読んだのですが、前作と同様、動物による動物ニュースのうまい展開に、どんどんのせられてしまいました。

    娘は、コマーシャルがお気に入りのようです。笑える箇所がいっぱいあります。
    でも、地方名や国名、時事問題などをもじった部分が多いので、それらをなんとなく知っている大人のほうが笑えるところが多いと思います。

    動物の特徴をおもしろくいかしたニュースや、本当にためになる動物の説明などがみられるのは、あべさんの作品ならではですね。

    掲載日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い…笑。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    ナビでの感想を読ませて頂いて 
    どうしても読みたくなり 図書館で借りてきました。
    すっごい丁寧に ネタが散りばめられている絵本でした 笑。
    息子も私も大ウケ☆
    ニュースの中で語られる 動物豆知識は ホントですよね!?
    (ヤマアラシの針の強度や野牛の糞の用途など…)
    喜劇仕立てのお話なので 息子はかなり半信半疑のようでした。
    そして 一番気に入っていたのは
    ニュースの合い間の CM!
    子供も知っている商品ゃ会社のパクリCMなので
    ツッコミどころがいっぱい!
    特に「クロ亀宅配便」のページは
    「大根だったらたくあんに…大豆だったら納豆に…
     痛んどるやろうが〜!」
    って 大きな声を上げていましたよ 笑。

    掲載日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    1

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット