ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

それいけしょうぼうしゃ」 みんなの声

それいけしょうぼうしゃ 作・絵:ティボル・ゲルゲイ
訳:小池 昌代
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004月05月
ISBN:9784061892408
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,698
みんなの声 総数 17
「それいけしょうぼうしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 古いけど新しい

    イラストといい、装丁といい、とてもクラッシックな感じ。
    でも消防士さんたちにとても躍動感があって、古いけど新しい。

    そして消火活動をしながらワンちゃんを救出したり、その辺が絵本らしくていいところ。

    翻訳も語呂が良くて、読み聞かせにぴったりでした。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかな色使い

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    鮮やかな赤に目を惹かれます。図書館の乗り物コーナーで息子が選びました。
    普段自分で選ぶのは、バスか列車の本ばかりなのに、素敵な消防車に心を奪われたようです。
    開いてみると、鮮やかなだけでなく、とても躍動感のある絵本で、消防士さんたちが活躍する姿がいきいきと表現されていました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな消化風景がいい

    2歳11ヶ月の消防車が好きな息子に図書館で借りました。
    クラシックセレクションだけあり、初版が1950年。
    かなり、昔。
    とってもかっこいいけれど、かなりレトロな感じで、それがいい味を出しています。
    昔のはしご車って、ふつうのはしごを乗っけていたんですね。
    消化風景もレトロ。
    躍動感のある生き生きした絵のタッチもよかったです。

    息子も、喜んで聞いていました。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい!

    一昔前の消防士さんの姿が描かれているような絵本
    で、娘も私も大好きな絵本です!!
    消防署から消防士さんが出発する様子から描かれて
    いるので、なんだか知らないことを知ることができて、
    わくわくしました!!
    すすだらけになっている消防士さんの絵を見て、
    娘も「頑張ったねー」とほめてました(笑)。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい

    このお話は外国の消防士さん達のお話でした。日本の消防士さんもかっこいいのですが、外国の消防士さんも中々かっこよかったです!!クラシックな感じの消防自動車がうちの子は気に入っていて、それに乗って犬を救出する姿がとってもカッコいいって言っていました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 躍動感がたまらない作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1950年のアメリカの作品。
    作のティボル・ゲルゲイは、1955年に『コウノトリのおはなし えんとつのうえの車輪』の絵を描き、コールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    物語は、消防車の活躍を描いた至極シンプルなもの。
    舞台は消防署。
    隊員は、火災の知らせを聞くや否や、棒を伝って消防車に飛び乗ります。
    消防車に立ち乗りするとこなんて実に恰好良くて、その一挙手一投足はどれをとってもたまらないはず。
    火事現場も、臨場感が溢れるもの。
    その消火作業の道具が、日本ではお目にかからないものが結構あることなんて、この際お構いなし。
    どのシーンも、目が離せません。
    消火活動を終えての最後の帰路のシーンも、颯爽としていて、最初から最後まで見所満載の作品と言えそうです。

    60年以上前の古典的な作品なのですが、全く古さを感じません。
    ただ、1つ注文があるとすれば、それは人物の描き方。
    みんな小太りで、同じような顔なので、もう一工夫欲しかったところです。

    日本の消防車の作品にはない鮮やかな色合いと躍動感を、是非多くのお子さんに堪能して欲しいと思います。
    車好きのは、超オススメです。


    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古い本なんて思えない!

    息子が図書館で自分で選んできました。
    消火や救助の模様を細かく書いてあるので、5歳の息子も興味津々で聞き入っていました。
    他の方も書いていますが、絵が本当にきれいで迫力がある!
    火事現場の絵などは、大人でもドキドキしてしまいます。
    画面の中で、赤色の占める割合が多くて、消防車好きの子供さんにはたまらないと思います。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔の話なのに

    とっても昔のお話しなのに
    色が鮮やかだし絵もいきいきしています。
    外国らしい迫力もあるし
    素敵な本です。
    大きいサイズですが、文字が少ないので
    二歳二か月の息子も大好きになりました。
    消防車でなくて消防士さんが大活躍するので
    見ていて楽しいです。

    掲載日:2011/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力ある絵です

    『しょうぼうじどうしゃじぷた』とスモールさんの『ちいさなしょうぼうじどうしゃ』がすっかり気に入った息子に借りてきました。

    外国物としては、スモールさんシリーズより、こちらの方が良いような気がしました。文章が少なくて読みやすく、それに対して絵が鮮明で大迫力です。日本の消防士さんと違って、消防車につかまって乗っていたりします。とてもたくましい感じです。

    しかし、息子には日本の消防車の方が好評でした。

    スモールさんの絵も上品で好きですが、こちらの方が迫力があるような気がします。もしどちらかを買うとすればこちらかなと思っています。

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 消防士のお話ですよ!

    2歳4ヶ月の息子に読んでやりました。消防車はわかるけれど、そこまで興味があるわけではない息子でしたが、興味深々で本に見入っていました。消防士が出動して、火事を消すまでのお話ですが、結構詳細に書かれていて、消防士の仕事ぶりがよくわかります。ただ、日本のものではないので、多少異なるところはあるのでしょうが、消防士のしごとぶりを絵本の題材にしたものはあまりないのでしょうから、消防士が大好きな子にはたまならないでしょうね。

    個人的には、まず「火事」とはどんなものかという全体像を見せてくれる(窓からもくもく煙がでている程度なので)と、その広がったら大きな災害にもつながる火事というものに立ち向かって闘う人と教えてあげられるのにな、とは思いました。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット