庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

マンホールからこんにちは」 みんなの声

マンホールからこんにちは 作・絵:いとう ひろし
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784198614737
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,442
みんなの声 総数 10
「マンホールからこんにちは」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと変なおはなしだけど・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    地域の図書館の方が、息子の小学校の一年生に
    学校公開日に紹介してくださった絵本。
    息子はもう2年生ですが、幼年童話を一つでも多く楽しみたいと思い
    図書館から借りてきました。

    「マンホールからこんにちは」なんて、
    題名もヘンだけど、表紙の絵も、ヘン。

    そして、主人公の男の子が、お使いを頼まれて買ってきたものが
    どんどんとられていくのも、とっても、ヘン。

    最後にはもう大筋が読めて、話が予想できてしまった息子ですが、
    なんでこんなヘンなお話ができたか、
    作者あとがきを読んで、分かりました。

    と同時に、なんだかとてもあたたかい気持ちになりました。

    この絵本は、あとがきあっての、本編じゃないかな。
    さきにあとがきを読むと、
    ただのヘンな絵本じゃなくなりますよ!
    是非試してみてください!

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンホールから??

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    親子ともに大好きな、いとうさんの作品なので読んでみました。

    道を歩いていると、マンホールからにょっと顔を出したのはキリン。
    次に顔を出したのは、マンモス。その次はカッパ・・

    次々とお買い物の途中でマンホールから顔を出す変な生き物たち
    その生き物と遭遇するたびに、考えを膨らませる僕の姿がほのぼのとしていて、おもしろいです。

    マンホールがこんな風にどこかとつながっていたらと考えると
    とてつもないブラックホールに出会えそうですね。
    お使いが楽しくなるような一冊だと思います。ふつふつと妄想して帰ってこなくなりそうかな(笑)

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎の場所

    マンホールって、そこらじゅうにあって、興味がありながらも入れない場所。真っ暗?長いトンネルがあるの?どこにつながっているのか?本当にどんな世界が広がっているんでしょうね〜。大人だって実際に入れるのは、そういう仕事の人だけだから、私も読んでいて想像力が膨らみました。誰かが「こんにちは」って出てきても、おかしくないって…。楽しい挿絵も手伝って、読書嫌いでも一気に読めます。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちが釘付け

    マンホールから次々と出てくる不思議な生き物たち!
    いとうひろしさんの本が親子で大好きなので
    楽しみに読みましたが、大当たり!
    このお話は本当に奇想天外で面白く
    子供たちと一緒になって早く
    先が読みたくなる本でした。
    本っていいなぁとしみじみ思った面白い絵本です。
    ぜひ何も考えずに不思議な世界を楽しんで
    読んで見て下さい。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼年童話としても

    図書館の子どもの本の講座で勧めていただいた本です。

    私が読んだ表紙とは違っていて、表紙も刷りなおす度に変わっているようですね。

    マンホールが世界とつながっていたらと考えただけでもわくわくしました。

    風呂がつながっているというのは斉藤洋さんの「おふろかいじゅうカルルス」でしたが、それとはまた違ったおもしろさがあります。

    つかいの途中にこんな不思議に遭遇してみたくなります。

    童書ですが、文字数は多くなくすぐに読めるので幼年童話としてもいいなあと思いました。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまでもつながっているマンホール!

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    とっても身近なアドベンチャー!

    マンホールって不思議。
    閉まっていると気づかないのに、開いているとどうしても覗きたくなる。

    おつかいの帰り道、マンホールから出てくる色々なモノに出会い、話を聞き、危ない目にあうぼく。

    絵本から児童書に移行する時期の本として良いと思います!

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるかもしれない・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    いとうひろしさんのナンセンスなお話絵本ですが、本当にあるかも知れないと思わせてしまうのは、作者が本当にそう信じているからなんだと、「あとがき」をよんで納得です
    きりん、マンモス、カッパ、と買物の帰り道にマンホールから首を出しますが・・・
    それぞれが自分がなぜここに来たのか、語りだします・・・
    すでにそれが不思議なんだけど、すっかり作者のワールドに引き込まれてしまいます
    二度目のお使いでは何も起こらなかったけど、三度目は・・・?
    読み手に可能性を託す終わり方も、いいですね

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンホールって魅力的!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    対象が小学校低中学年からとなっていますが、文章が短く絵がたくさんあるので、4歳の息子も十分楽しんで読むことができました。

    男の子がおつかいから帰る道すがら、迷子になってお腹をすかせた動物たちがマンホールから次々にでてきて、まいごになったいきさつを話してくれます。男の子がおつかいで買ったものを食べさせてあげると、みんな満足げにまたマンホールの中に戻っていくのですが、最後だけ追いかけてくる生き物がいます。

    普段よく見かけるマンホールの下にこんな世界が広がっているなんて、子どもだけではなく大人も想像力をかきたてられ、ワクワクしてしまいます。息子も集中して聞き入っていました。今度マンホールを見つけたら、何かいるかな、どこにつながってるかなと話を作ってみるのも楽しそうだなと思いました。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次にあらわれるのは何かな?

    とてもよみやすく、小さい子にも分かりやすい本でした。とても、シンプルでその中にも「絵本的」な要素があり、入学前の準備本としては、とてもいいとおもいます。

     マンホールがアフリカやお化けの世界に通じているとはしらなかったですね。下水管は、汚いもののイメージがあったけれど、そうじゃなく、ゆめのある道のようなもの。昔やっていた「タイムトラベラー」を思い出しました。
     きりん・マンモス・かっぱそして?・・もしかしたらというkとで、そのマンホールは宇宙人につながているかも・・というのは、とても夢のある想像したくなるものでした。
     でも、かっぱのあとは、何にもでてこなかったけれど、気が付かないだけで、本当は「ほら、後ろから今、でてきたよ。」と言う言葉をのこしたような終わり方。
     子どもは、現実と創造の世界にはいり、やはり、宇宙人がたってきたのだと信じて、読み終えました。
     空想好きの息子には大受けでした。

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンホールからいろんまいごが、飛び出しているというお話。ありえないけれど、でもこんなことあったら、おもしろいかなぁとうなづいてしまう、そんなお話。
    この本の作者・いとうひろしさんのあとがきが、なんともまたユニーク。
    「でも、時々、散歩の途中なんかに、マンホールのふたを見て思います。この下には、地下のジャングルがあるんだ。そこでは、今日も工事のおじさんが、ワニや大蛇と闘っているんだ。」
    ね?ユニークでしょう?
    確かに子どもは、マンホールが大好き。開けこそしないけれど、マンホールにじっと座り込むこともしばしば。実は見えているのかもしれません。子どもたちには、まいごのきりんやマンモスたちが・・・。
    想像力をかきたてられる、そんな本です。。絵本から児童書への変換期の小学生におすすめ!

    掲載日:2004/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット