もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

はなうたウサギさん」 みんなの声

はなうたウサギさん 作・絵:エリック・ローマン
訳:今江 祥智
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784776400684
評価スコア 4
評価ランキング 18,389
みんなの声 総数 8
「はなうたウサギさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなに気楽な 羨ましい〜

    はなうたウサギさんとはよくいったものですね
    ひこうきに乗せてもらった ねずみくんもよく付き合ってるね でもウサギくんは プラス思考でものを考えるので なんだか うまくいきそうな気がしますね!

    絵が版画ちは すごく力強くて 大らかで 楽しい版画ですね! 魅力的です
    ウサギくんが ぞうのしっぽを引っ張るところは笑えますね
    ぞうも さいも かばも すごく迫力のある版画ですごいな〜
    絵を見ているだけで嬉しくなる絵本でした!!

    最高は みんなが 馬乗りになるところ、みんな 気楽な ウサギくんにまんまと利用されて 怒っていますが・・・・(迷惑な話ですが)

    なんだか このウサギくんの 気楽さは憎めません!

    ところが やっぱり ウサギさんが・・・・
    なにをしようと どこへいこうと  きまって てこずることになる 。
    こんな おきらくとんぼのウサギくん  ネズミくんご苦労さま

    「はなうたまじりで  いこうじゃないか フフフンフンの フフフンフン・・・・・」
    羨ましいようなきもちで〜す

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画のような絵が秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2003年度のコールデコット賞受賞作品。
    エリック・ローマンは、1999年度にも「タイムフライズ」で、コールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    何と言っても、版画のような力強い黒枠でかたどられた絵が、とても魅力的。
    動物が沢山登場するのですが、その表情が豊かなので魅入られるお子さんも多いこと間違いないと思います。

    お話は、ネズミくんのところに、乗ることのできる飛行機のプレゼントが届くシーンから始まります。
    隣には、ウサギさんがいます。
    ネズミくんが乗った飛行機を、ウサギさんが飛ばすのですが、勢い余ってネズミくんは落下し、飛行機は木に引っかかってしまうのです。
    ウサギさんは、木に引っかかった飛行機を取ろうと動物達を連れてきて、肩車していきます。
    そのシーンは、絵本を縦にして描いているのですが、なかなかのもの。
    縦を活かす絵本は多いですが、これは、意外性という点では秀逸です。

    オチも納得もの。
    ただ、ストーリー展開に邦訳がついていっていない感があります。
    英語の雰囲気を邦訳し難い文だったのではないでしょうか?
    文章は無くてストーリー展開は充分かるので、英文のまま邦訳しなくて良かったかも知れません。
    絵で楽しめる作品としてオススメします。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  •  版画なんですよね〜。
     どの動物も味のあるキャラクターです。
     
     主人公のウサギさんのような人っていますよね。
     ポジティブを通り越し、時にトラブルメーカーになっていたりして。
     悪いことに、本人にはその自覚症状がないと来ると、端で見ている分には笑っていられますが、こういう人に巻き込まれると後始末のお鉢がこちらに回ってきたりして。
     涼しい顔の本人の周りが汗をタラタラ。 
     でも、なぜか憎めなかったりして〜。
     
     スタスタスタスタ、ヒョイヒョイ大きな動物を持ち運ぶ絵に、親子で当時爆笑でした。
     縦開きで見るページに、「オ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」と息子。
     ラストの展開に、つくづくハッピーなウサギさんだと思いました。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの表情がおもしろい

     金色(または銀色)に輝くコールデコット賞のメダルシールを見ると、やっぱり1度は読んでみたいという思いに駆られ、多くの受賞作品に触れてきましたが、毎回、オリジナリティーに富んだ作風に驚かされます。そんな中で、この絵本は、純粋に子供心をつかむ(笑わせてくれる)「絵本らしい絵本」という印象を受けました。娘も、動物たちの表情を楽しみながら、笑って聞いていました。絵の持つ力って大きいですよね。
     この絵本を読んで思い出したのは、こどものとも年少版の「ぷくぷくぷく」。単純なお話ですが、長いこと娘のお気に入りでした。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うらやましい〜

    ねずみさんにしてみれば、いつものんきに任せとけ!とか言えちゃうウサギさんは ドキドキしつつもうらやましい存在かもしれない。
    そして読んでる私もハラハラしつつも このくらいノー天気でいられたらなぁ・・・と 何があっても大らかなうさぎさんをうらやましく思います。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンチのときこそ!

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    押しが強くて、周りを巻き込んでしまうウサギさんですが、
    どこか憎めないのです。
    ほんとは迷惑してるのでしょうが、みんな許してしまいます。
    それは、このウサギさんがピンチの時に、明るく乗り切ろうとするからです。
    だた、その方法が・・・・

    絵だけのページや、縦長に使ったりと、変化があっておもしろです。
    遠くからも見やすい絵なので、クラスの読み聞かせにいいと思います。

    掲載日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極のお気楽ぶり

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳

    ウサギさんはいつも「心配することないですよ。ふんふんふん」と鼻歌まじり。
    そして結局いつもやっかいなことになるんだけど、とにかくお気楽。なかなかよい性格です。(でも周りは大変だよね〜)
    この絵本、お話よりも絵が素晴らしかったです。
    とてもダイナミックでした。
    版画(切り絵)風で描かれていて、動物達の皮膚感がとてもリアルでした。表情も素敵でした。

    掲載日:2005/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気楽なウサギ!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     何をするにも鼻歌まじりのウサギと、それによって起こる結果を心配するねずみさん。
     失敗しても、仲間を怒らせてしまっても鼻歌歌って、気楽なウサギさん。ここまで、お気楽に過ごせたら、どんなに人生が楽しいかなと思います。

    掲載日:2004/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット