このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。

ロンとククノチの木」 みんなの声

ロンとククノチの木 著:小原麻由美 ラウラ・スタニョ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784569781051
評価スコア 4
評価ランキング 22,067
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深読みしちゃう作品

    小原さんの作品が気になり
    「じいちゃんの森 森おやじは生きている」と一緒に
    借りてきました

    表紙の絵
    こっちを見つめるおさるさんの
    持っているのは何だろう?

    「ククノチ」ってちょっと言いにくくて
    覚えにくい・・・
    どういう意味合いなんだろう

    と、気になりながら読み始めると
    山火事の緊迫する場面からなんです

    ロンのおとうさんは、どうなっちゃったんだろう・・・

    おかあさんの死に様はとても不思議です
    伝えたいこと
    生きていくうえでの気付き
    見守ってもらっていること  等々

    いろいろ考えさせられます

    別な場所での
    生き方
    これもまた試練です

    ひとりで乗り越えようとする時の心構え
    なのかな・・・
    自立、集団の中での自分の役割
    希望
    そして、自分が伝える番に・・・

    と、深読みし過ぎかな(笑

    小学生はこの作品から
    どんなことを感じるのか
    気になりました

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どう生きたか」

    子ザルのロンは火事で焼け出され、火傷を負ったお母さんも動けなくなってしまいました
    そのお母さんが「ククノチの玉」でおおきな「ククノチの木」になりたくましく優しいボスざるに成長するロンを見守ります

    ロンは自分のまわりに優しくすることで、自分の周りも変わっていくことを知りやがて群の信頼を得て行くのですが、その協調する生き方や、森の仲間と共存していくという考えを後継にも伝えて行くという流れがあります
    主人公はロンと言うサルですが、「どう生きたか」という強いメッセージを感じます

    小学校中学年くらいから読めると思います

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あーん』イベント&おうちレポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット