大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくおばあちゃんのこになってあげる」 みんなの声

ぼくおばあちゃんのこになってあげる 作:西本 鶏介
絵:渡辺さもじろう
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1995年
ISBN:9784790260615
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
「ぼくおばあちゃんのこになってあげる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 老いるおばあちゃん

    認知症になっているおばあちゃん。たまにぼくのことを「よしお」とお父さんと間違えてしゃべります。そんなおばあちゃんをぼくをはじめとする家族は「むかしのくににいってしまう」と表現しています。なるほど〜と思いました。
    老いていくおばあちゃんをぼくの目線から描いた作品で、とてもよく表現されているなと感じました。最初は主人公のぼくが間違うおばあちゃんに少し腹を立てている様子でしたが、おばあちゃんがいなくなって必死で探すぼくが「ぼくおばあちゃんの子になってあげる」と表現するところ、峠で見つかったおばあちゃんはやっぱり孫ではなく息子と思って主人公のぼくと接するけど、自分のコートを当たり前のようにそっとぼくにかけるところに胸をうたれます。
    老いていくおじいちゃん、おばあちゃんを学ぶ素晴らしい作品だと思います。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身につまされる…

    自分の母親と近居の関係になって
    もうすぐ5年。
    娘たちはおばあちゃんにすごくなついています。
    まだこの絵本のおばあちゃんのようには
    なっていませんが、
    近い将来ならないとも限らない…。
    そう思いながら読むと
    なんとも他人事とは思えない…。
    痴呆になってしまった
    おばあちゃんと孫の関係をうまく描いた絵本です。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のやさしさ。

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    おばあちゃんはボケが始まって、孫のことを自分の息子と間違えて呼んでいます。孫にとってそれはなんだか嫌で悲しいことだったけど、
    そんなおばあちゃんを家族でやさしく見守っていく姿。
    老人社会、福祉そんな難しい問題を子供たちにも分かりやすく感じてもらえる良い本だと思います。
    おばあちゃんはボケてしまうけど、いつまでもやさしいおばあちゃんには変わりなく。とても家族愛が詰まったお話です。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な表現

    • おーぱさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    長男が図書館で借りてきました。
    私の祖父が、今、このおばあちゃんと同じ状態です。
    もうすぐ5歳になる長男になんと説明しようか、ずっと悩んでいた時にこの本に出会いました。
    とても素敵な表現だと思います。
    息子に「大きいおじいちゃんは時々昔の国に行くからおかあちゃん(孫の私)の名前がわからなくなるんだよ」と説明すると納得したようでした。
    読み終わった後に心がジーンと温かくなるお話でした。
    どこかで見かけたら是非一度、手にとって読んでみてください。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさに、胸が熱くなりました。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    いつも、園に行くひろくんを、バス停まで送り迎えしてくれるのはおばあちゃんです。そのおばあちゃんが、ある日いなくなりました。
    いつかは、こんな日がやってくるのでしょうか。核家族で生活していると、なかなか理解できないおばあちゃんたちのことですが、ひろくんはきちんとわかってあげて受け入れることができているようで素晴らしいと思いました。
    本当の優しさは、こんな環境で培われていくのかなあと改めて思うことでした。

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなおばあちゃん

    • たくゆうとさん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    私の実家には97歳になるおばあちゃんがいます。時々意味不明なことを言ったり同じことを何度も繰り返し言ったりしています。2人の息子はいつでもおばあちゃんに優しく接していますがこの本を読んでからもっと優しくなったような気がします。老いていく事を素敵に教えてくれてるようなきがします。2年生の読み聞かせで涙を流す子もいましたよ。

    掲載日:2006/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非、読み聞かせを・・・

    人は老いれば、いつかは「昔の国」の人になってしまうかも知れない。子供に教えるのに、この言葉は、とても適切であるかのように思えました。
    大好きなおばあちゃん、でも時々、孫の名前をお父さんの名前で呼んでしまったり、突然いなくなったり、おかしな言動をしてしまうこといっぱい。
    このお話は、5才の息子に、その現実を教えてくれて、素直に受け入れてくれるように書かれていると思いました。
    息子は、おじいちゃんとおばあちゃんとは、遠く離れているので、こういうことは分かりません。
    でも、こういうお話は、とっても大切だと思います。
    自然に優しさが、出てくるような素敵なお話でした。

    掲載日:2004/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ありがとうフクロウじいさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット