なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ピコピコピコさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

しんせつなともだちふつうだと思う みんなの声

しんせつなともだち 作:方 軼羣 (ふあん いーちゅん)
絵:村山 知義
訳:君島 久子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年01月
ISBN:9784834001327
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,400
みんなの声 総数 103
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいおはなしなんだけど・・・

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    シンプルな繰り返しのおはなしなので、小さな子から楽しめます。
    雪の積もったさむーい冬。
    きっとお友達もお腹をすかせてるだろうなぁと動物たちがおすそ分けをします。
    誰かが自分のことを気にかけてくれてる、それを知るだけで心からぽかぽか温まれそう。
    そしておすそ分けした側も、お腹は半分しか満たされなくても心はみっちり満たされるのでしょうね。
    思いやりを持つってとっても簡単なんだよ、でもその簡単なことで、たくさんの心を温めることができるんだよ、ということをやさしく教えてくれる絵本です。
    でも、どなたかのレビューにもありましたが、人からもらったものは自分で食べて、自分が見つけたものをまた次の人にあげたほうがしっくりくるのになぁと感じてしまいました。自分のあげたものがそのままの形で自分に戻ってきたら・・・喜んでもらえなかったのかな?と考えてしまいそう。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなやさしい

    さむい冬、少ない食べ物をひとりじめにせず、「○○さんはきっと食べるものがないでしょう」とおともだちの家まで届けてわけてあげるお話。
    登場する動物がそれぞれに食べるものをみつけ、残ったかぶをまた別のともだちのところへ届けるので、結果的に最初にうさぎが持って行ったかぶがうさぎのところに戻ってきてしまいます。
    でも、「きっと親切なともだちがわざわざ持ってきてくれたんだな」とうさぎにはすぐにわかります。

    ともだち同士が強い絆で結ばれてるなーっていう感じもするけれど、冷静に考えると「いらないよ」って返されちゃったとは思わないのかな・・・とちょっと違和感も。
    他人を思いやるやさしい気持ちは伝わってくるのだけれど、それならばなおさら、もらったものはありがたくいただいて、自分で見つけてきたものをともだちに届けた方がいいんじゃないかなぁ・・・私がうさぎだったら、かぶじゃなくて何か違う食べ物が置いてあったほうが、もっともっと嬉しいのになと思いました。
    娘の方はそんなことよりも「やぎさん、どうやってかごの中に入れたのかねぇ」と全然別のところを不思議がっていました(笑)

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分け合う心

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    この絵本の表紙が印象的なのですが、お話は初めて読みました。勝手にうさぎの話だと思い込んでいましたので、ほかにも動物がたくさん出てきて驚きました。

    自分のうちには食べ物があるから、困っているかもしれない友達にわけてあげようというしんせつな心をもったどうぶつたちのおはなしです。
    そのしんせつがまわってうさぎさんのところにかぶが戻ってきます。自分のことだけでなくほかの人のことまで考える心というのはとても大事なことと思います。この本ではそんなメッセージが伝わりよかったと思います。

    しかしながら私個人としては、もし私がうさぎならかぶはもどってきて欲しくないです。結局ありがた迷惑だったのかなとちょっとへこみますね。いらなくてもいいから受け取るのも思いやりではないかと思いました。
    また、ストーリーにもうひとひねり欲しい感じもしました。少し違いますが「どうぞのいす」みたいな感じの方が私は好きかな。

    ちょっと辛口意見でしたが、子供の反応はなかなかです。
    なぜかうさぎさんにかぶがもどってくる結末を面白く楽しんでいました。

    掲載日:2007/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し申し訳ないけど星三つ

    この絵本、私が子供の頃に読んだのですが、なんだか解せない気持ちになってしまったのを覚えています。

    こうさぎが、見つけたかぶを、ろばのところへ持って行き置いてくる。
    みつけたろばは、ヤギにそのかぶを持って行く…というわけで、ぐるぐる回って最後にうさぎのところへ届くのですが…。
    このうさぎは、なんだか好意が無になってしまったようには感じなかったのかしら?
    残念だとは思わなかったのかな? その思いがなかなか消せなかったのです。
    私なら、食べてもらえるほうが嬉しかったのに。そう感じていたのでした。

    大人になって、今読んでみても、その思いは同じでした。
    なんだか、「美味しいのよ、食べてみて」と差し上げたお菓子が、日数たって、別の友達から帰ってきたらこんなかんじかなあ…と下世話な私は思ってしまうのでした。

    私、心が狭いのかしら…
    ★三つにするの、少し申し訳ない気持ちがしてしまうのですが…

    掲載日:2006/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(103人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット