ぐでたま入ってます。-リアルぐでたまフィギュアMOOK- ぐでたま入ってます。-リアルぐでたまフィギュアMOOK-
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
ファン待望の「リアルぐでたまフィギュア」がついに発売!話題沸騰中です♪

どろぼうがっこう」 みんなの声

どろぼうがっこう 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784032060409
評価スコア 4.77
評価ランキング 489
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

141件見つかりました

  • 天下の大泥棒だと思いきや・・・

    私が子供のころに読んだ絵本です。

    どろぼう学校の先生だから、きっと天下の大泥棒なんだろうと
    想像させておきならが・・・なーんて間抜けなんでしょう。
    またそのかわいい生徒達も同じく間抜けというかなんというか・・・
    憎めない泥棒たちです。

    お話の展開が気になるのか
    息子も息をのんで静かに聞き入っておりました。

    最後のオチがクスッと笑え、やっぱり泥棒って悪いことだからと
    親としても安心な結末です。
    さすがかこさとしさんの絵本ですね。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごくおもしろいです

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子4歳、男の子2歳、

    このごろ「かこさとしさんのおはなし」シリーズにすっかりはまっている娘。中でもこの作品はお気に入りのひとつで、休日の昼間などホッコリしているときに「じゃあ『どろぼうがっこう』でも読もっか!」と、私が少し暇そうにしているのを発見したらすかさずリクエストします。
    絵本に出てくるどろぼうがっこうの生徒達の人相の悪いのを指差して、「ぜんぜんかわいくないやん!」ととっても嬉しそうに指摘しています。最後のオチも4歳になるとわかるようで、「あらら」とか言っています。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • その名の通り、泥棒の学校。

    宿題もどろぼうをしてこい!っと。

    ただ、生徒たち、間が抜けているというか、かわった物を盗んでくるんです。 しかも、自信満々で!

    なんてかわいい生徒たちっておもっていると、恐い名前のくまさか とらえもん先生もやってくれます。

    遠足に行った場所、間抜けすぎて笑っちゃいました。

    実は ○○○○o だったのです。 
    くまさか先生、前もって下見しないのでしょうか?  
     我が家は大笑いです!

    どろぼうがっこうで学ぶ日がまだまだ先になりそうです。

    読み聞かせをしたくなる何度読んでも面白い本です。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子お気に入り♪

    志村けん大ファンの息子に、ピタッときたようで、借りてくるのは二回目。
    あ、志村さんが登場するわけではなく、世界観が似ています。

    母目線→三十代後半以上の方には、うけそう。

    どろぼうがっこうの校長&生徒たちが、ほほえましい形で捕まえられてしまうのが、また深い。
    ゆるい勧善懲悪なところが、逆にリアルだし、子どもにほどよいと思います。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろぼう読むよ!!

    うちの息子は私が読んでた、絵本ガイド(確かMOEだったような)で、この本を見つけ、絵が面白いようで、読みたいというので図書館で借りてみました。(私も小さい時に読んだことがある気がして懐かしくもありました)息子はだまって聞いており、面白かったのか、正直わかりませんでしたが・・・どろぼうの意味がわかるころ、また読んであげたいなぁと思いました。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒に憧れちゃったりして!?

    まぬけなどろぼうたちが集まったどろぼうがっこう。
    遠足でとなりまちの一番大きな建物に忍び込んだが、
    そこはなんと刑務所!
    一網打尽になってしまう・・というおかしな話。
    生徒はいかつい顔ばかり。
    でもみんな抜けていて憎めない。
    どろぼうって行為が悪いことだと認識できるようになってからでないと
    子供はどろぼうって職業(?)に憧れちゃうかも!?
    それくらい泥棒が楽しそうに描かれている。

    掲載日:2012/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬきあし さしあし しのびあし…

    数あるかこさとしさんの絵本の中でも、私が一番好きな作品です。

    どろぼうがっこうの「かわいい」生徒たちは、見た目は怖いけど、皆どこか間抜けなどろぼうばかり。くまさか先生と生徒たちのやり取りが本当に可笑しくて、何度読んでも笑ってしまいます。

    お話に出てくる「はーい。」「へーい。」「ほーい。」「わかりやしたー。」「くまさかせんせい、ごめんなせー。」という生徒たちの間の抜けた返事や、夜中の遠足に出かける時の「ぬきあし さしあし しのびあし…」の歌などは、子供の頃よく真似をしていて、今でも覚えています。

    そして、最後のオチがまた面白い。
    これも見方を変えればハッピーエンド、なのかな?

    以前、この絵本を地元の小学校で読み聞かせしたことがあるのですが、子供たちは皆、絵本に釘付け。
    ちょっとシャイな子が多かったので、爆笑の渦とはなりませんでしたが、皆ニヤニヤしながら見ていて、「よし!」と思ったのを覚えています。
    栃木では、このおはなし、小学校(確か高学年?)の国語の教科書にも掲載されているそう。
    授業で読むとどんな感じになるのかな〜。
    私も参加してみたいです。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いどころ満載!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    読み聞かせするなら、この本は8分近くかかるので、
    朝の読書タイムでの読み聞かせだと、飽きてしまう子もいるかもしれません。

    でも、でもっ、とっても楽しいお話です!
    「はやくいちばんわるいどろぼうになるよう」とか、
    かわいい(!笑)せいとたちの返事とか…。
    冒頭から笑いどころ満載です♪
    先生と生徒たちのまぬけっぷりがとっても楽しいです。
    読み応えある、とても楽しい一冊です。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも

    娘の反応。
    まず、タイトルを見て娘が「えー!?」
    どろぼうがっこうの授業も遠足も「えー!?」
    見事にオチたところで、
    「あの学校、もう使わないのかな?使わないともったいないよね?
    普通の学校として使ってるのかなぁ?」
    と心配していました。
    そっちか!!!

    かこさとしさんの絵本は、私も子どもの頃よく読みました。
    今読んでも面白いと思います。
    他にも沢山の作品があるので、子ども達に読み聞かせたいと思います。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌舞伎役者みたい

    私自身、子どもの頃読んでおかしくて
    たまらなくて覚えていた本です。

    まず、くまさかせんせーが歌舞伎役者のようで、
    インパクトの強いこと!
    また生徒も変!
    物語の始まりは宮沢賢治のように穏やかに語られるのに、
    内容がおかしいことおかしいこと・・・・。
    かわいい生徒・・ってかわいくないー!
    子ども心にツッコミたくなる要素が満載でした。

    大人になって読んだ今も、ニヤニヤしてしまう面白さ。
    出版されて年月がたっているのに、
    古さをかんじさせないのがまた不思議ですね。

    息子がもうすこし大きくなったら、
    一緒に読みたいと思っています。

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

141件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / ますだくんのランドセル

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ウラオモテヤマネコ』井上奈奈さんインタビュー

全ページためしよみ
サイン本販売中