アザラシのくる海 アザラシのくる海
作・絵: マイケル・フォアマン 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
岩のあいだに何か動くものを見つけた……アザラシだった。少年とアザラシの不思議な友情。
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

友情
少年の足が不自由なのは、問題にしていな…

どろぼうがっこう」 みんなの声

どろぼうがっこう 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784032060409
評価スコア 4.76
評価ランキング 492
みんなの声 総数 135
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

135件見つかりました

  • 子どもも

    娘の反応。
    まず、タイトルを見て娘が「えー!?」
    どろぼうがっこうの授業も遠足も「えー!?」
    見事にオチたところで、
    「あの学校、もう使わないのかな?使わないともったいないよね?
    普通の学校として使ってるのかなぁ?」
    と心配していました。
    そっちか!!!

    かこさとしさんの絵本は、私も子どもの頃よく読みました。
    今読んでも面白いと思います。
    他にも沢山の作品があるので、子ども達に読み聞かせたいと思います。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドリフ的喜劇ですね

    この話を読んでいてなつかしいドリフターズの全員集合を思い出してしまいました。
    どう考えても先生はいかりや長介。
    そう考えると、生徒たちのキャラクターに当てはまる人がそれぞれに浮かんできます。
    舞台劇の一発勝負。
    パターン的で先は見えてしまうのだけれど、味わいがあって面白い。
    かこさん、ドリフターズファンでしたか。
    その当時ならば、ちょっと保護者にはちょっと顰蹙でしたね。
    あの笑いがなつかしい歳になりました。

    掲載日:2012/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌舞伎役者みたい

    私自身、子どもの頃読んでおかしくて
    たまらなくて覚えていた本です。

    まず、くまさかせんせーが歌舞伎役者のようで、
    インパクトの強いこと!
    また生徒も変!
    物語の始まりは宮沢賢治のように穏やかに語られるのに、
    内容がおかしいことおかしいこと・・・・。
    かわいい生徒・・ってかわいくないー!
    子ども心にツッコミたくなる要素が満載でした。

    大人になって読んだ今も、ニヤニヤしてしまう面白さ。
    出版されて年月がたっているのに、
    古さをかんじさせないのがまた不思議ですね。

    息子がもうすこし大きくなったら、
    一緒に読みたいと思っています。

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • コントみたいなどろぼう

    • ぶ〜こさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    どろぼうの話というので、子供たちは最初はこわごわ話を聞いていましたが、どろぼうをしてくるようにという先生と、変なものばかりぬすんでくる生徒のやりとりが面白く毎日の用に読んで欲しいとせがまれました。また、先生と生徒の、話し方もおもしろいらしく、子供たちはよく「ごめんなせ〜〜」と口調を真似しています。お間抜けなどろぼう達のおかしな話です。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • か、かわいい・・・??

    どろぼうがっこうの宿題は、もちろん「どろぼう」。
    かわいい(?)せいと達が持ってきたものは・・・。

    面白い!まるで、落語か漫才♪
    先生と一緒に
    「ちがうやろ〜〜っ!」
    「なんでやね〜〜んっ!」
    と、ツッコミたくなります。(笑)

    どろぼうがっこうの遠足は、ぶっそぅ・・・
    いや、なかなかスリリング。
    だって、「♪ぬきあし、さしあし・・・」です!
    このリズム、本当に楽しいです。

    物騒で、やってはいけなくて、コワモテで。
    かわいい(?)せいと達の返事は、
    「へーい、ほーい、わかりやしたー」。
    でも、娘は表紙で食いつきました。コレがいいと。

    楽しくて、へんてこながっこうストーリー。
    やっぱり、パパ・おじいちゃんに、
    『ドス』を利かせて読んで欲しい一冊です!

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒学校の遠足

    とても楽しい愉快な絵本です。泥棒学校の生徒たちもまが抜けておっち

    ょこちょいで可愛い生徒ばかりですが、校長先生の「くまさか とらえ

    もん」 名前も怖そうですが、顔も怖いですが、生徒たちと一緒です。

    なんにも盗ってないのに、盗みに入った所が一番大きな刑務所とは、折

    角の遠足で牢屋入りになってしまってちょっと同情してしまいます。

    でも生徒たちも充分に怖い泥棒みたいなかっこうをしているので似合っ

    ているのも笑えました。遠足なら校長先生、下見ってしないのですか?

    って、聞きたくなりました。楽しい愉快な絵本です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念などろぼうさん

    • たまなこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 7歳、4歳

    私が小さい時にもあったこの絵本。とても懐かしく思いながら読み聞かせしました。
    ちょっと間抜けなどろうぼうがっこうの生徒達。どろぼうなのに憎めず、思わず「頑張れ!」って思ってしまうような絵本。

    最後の最後のオチで「どろぼうの先生ならどうして前もって調べてないの?!」って子供でも思わず言ってしまうような内容に、親子で笑ってしまいました。
    そんな先生だから生徒も間抜けでおっちょこちょいなのね…。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒の学校!?

    まずタイトルにビックリ!
    正しいことを教える場所であるはずの学校と、泥棒を結びつけてしまう発想は驚きです。

    「泥棒ってわるいことなんだよねー。学校ってへんなの」と言いながら、見ていたうちの子供。

    どこか憎めない泥棒の行動が、おもしろかったです。

    最後のオチがなんとも言えず、楽しい絵本になっています。
    こちらには、あえて書きませんので、ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2011/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬきあしさしあし…

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    4歳の息子も「どろぼうは悪い人」とわかっています
    それなのによい泥棒になるための学校があるなんて
    面白いと本屋さんで持ってきて購入しました

    読んでみると息子は大笑い。
    「ぬきあしさしあし・・・」というくだりが大好きで
    何度も何度も繰り返しています

    牢屋に盗みに入ろうとするおっちょこちょいも
    おかしく、若干愛らしさも感じてしまいます

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしくて楽しい

    • アオイナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    私が子供のころ、保育園の先生に一回読んでもらい、今まで心の隅っこで忘れられずにいた本です。

    当時の私は、本の中のどろぼうたちがこわくてこわくて・・・。

    最後に、まんまと牢屋に入ってしまうところで、すごくほっとしたのを覚えています。

    今、読んでみると、何ともおちゃめでドジでかわいいどろぼうたちなのに。

    どろぼうたちの言葉使いや絵が、いかにも悪そうに書かれているのもこの本の魅力だと思います。

    娘も喜んでいました。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

135件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこだれだ / がたんごとんがたんごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ありとすいか
    ありとすいか
    作・絵:たむら しげる 出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
    すいかを見つけたありたちは巣に運ぼうとして・・・。


全ページためしよみ
サイン本販売中