モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

てんごくの土ようび 」 みんなの声

てんごくの土ようび   作・絵:ヘルメ・ハイネ
訳:大島 かおり
出版社:佑学社
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年05月
ISBN:9784841602005
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「てんごくの土ようび   」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ヘルメ・ハイネ  作・絵 
    彼のお話し 好きです!
    てんごくの土ようび?  タイトルだけではわかりませんがよんでみたら
    旧約聖書のアダム&エバをつくった神様のお話でした
    五日かんで、かみさまは せかいを おつくりになりました。

    やみをおいはらい おおぞら うみ りく そして 植物 星 月をおおぞらにかけ 動物を作り  土曜日に神様は 人間を作ったのです

    神様は 麦わら帽子をかぶった 白いヒゲのおじいさんというのが いいんです
    神様は人間を二人つくり 神様の 作ったすべてのものを 愛するように一つの心臓を
    ほろびることのないたましいを あたえ、 いのちを ふきこみ、アダムとエバと名付けました
    楽園は かわいくて 動物たちが森の中にいます

    神様の存在が うまく描かれた ヘルメ・ハイネの絵本です

    子どもにはこの絵本をどのように伝えたらいいのかな〜

    子ども達はどのようにこの絵本をよんでくれるのかな〜
    感想を聞いてみたいです

    大人が読む本かも知れませんが・・・・・  大きい子ならよく分かると思いますが・・・

    私にとったら 旧約聖書や新約聖書も合わせて読むきっかけにもなりました

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命の躍動感あふれるこの世の誕生話

     旧約聖書の『創世記』も、こんな優しい表現ができるなんて、絵本は深いですね。
     とても明るい色調で、なにより神様が今の私たちにも身近なおじいさんのよう。
     息子は、ウフフと笑いながら眺めていました。
     ふむふむ、こうやって世界ができたのかと、こどもたちも受け入れやすそう。
     特に、
     木曜日には太陽と月と星を大空にかけました
     のページが好きです。

     本題は、土ようび。
     タイトルが「土」だけ漢字を用いている意味がわかります。
     これぞ楽園だ〜〜〜〜〜〜!
     って、いうページが終盤続きます。
     憧れてしまうこの空間にわたしも遊びに入っていきたくなりました。

     宗教を学ぼうなんてつもりではなく、この生命の躍動感あふれるこの世の誕生話を楽しむつもりで眺めてみてはいかがでしょうか。

     柔らかく包み込まれるような絵に癒されました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 至上の楽園

    • ベーベさん
    • 30代
    • その他の方
    • 長野県

    聖書の創世記を基にした、世界のはじまりが、やさしく可愛いタッチで描かれています。
    土曜日に、人をつくって、楽園を与えます。
    その2人の幸せそうな姿、しあわせそうな世界!
    見ていて、感動で涙が出てきました。
    こういうのを「至福感」というのだろうなぁと思いました。
    こんなすばらしい絵本が絶版なんてもったいない!
    ぜひ再版されることを望みます。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり読んで

    • りじゅらさん
    • 20代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    神様が世界を作るお話です。
    字の書いていない数ページは
    神様の作った人間、アダムとエバを探してみたり
    とってもきれいな絵なのでゆっくりすみからすみまで
    見るのもいいです。
    神様の1日って人間の千年なんですって!!
    だからこの一冊の本ものんびりゆっくり読んでみてはどうでしょう。

    掲載日:2004/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / よるくま / ルリユールおじさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット