ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ジャータカ物語」 みんなの声

ジャータカ物語 作:今岡 深雪
絵:掛川 晶子
出版社:浄土宗出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年02月15日
ISBN:9784883630516
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「ジャータカ物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お釈迦様の前世の物語

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    「ジャーカタ」って、日本人には耳慣れない言葉ですよね?
    改めていうとなんだろうと思って、調べてみました。
    「ジャーカタ」というのは、お釈迦様がお釈迦様として生まれる前の「生(前世)」の物語のことを指すそうです。
    この物語は、仏教経典に描かれているお釈迦様の前世の物語。を小さなお子さんでもわかるようにまとめ、絵本にしています。

    後書きをよく読むと、この作品は浄土宗新聞に連載されていたものを絵本にまとめたそうです。ですので、編集も「浄土宗出版」というところでなされていますし、連絡先には浄土宗宗務庁なるところが書かれていました。
    キリスト教の団体の方がこういった宗教上にまつわる物語の絵本を出版されることは結構多いのですが、仏教系宗派の方々の一般流通の「絵本」の出版物は初めて読んだかもしれません。

    1つ1つの物語は、昔話として伝えられているものも多く、本やお話の好きなお子さんでしたら聞きたことのあるお話も多いかもしれません。
    うちの上の子も「これ知ってる」とか言いながら、面白そうに読んでいました。

    宗教色の強いお話しではないので、物語としてだれが読んでも面白いと思います。
    あまり小さなお子さんだと意味の分からないお話もあると思うので、小学校高学年以上のお子さんたちに機会があったら紹介してみたいです。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    3
  • 絵も内容もスバラシイです!おとなにこそ!

    • おおじさまさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子13歳、男の子11歳

    これまでにも同名の本はありましたが、
    この本はまったく新しい感覚で、
    仏教のお話なのに、とても洗練されています。
    とくに絵は見事です。
    これは平面の絵ではなく、キャンバスを重ね合わせた
    きり絵のようなものなんですね。
    キャンバス地も写っていて立体感があります。

    内容は、いまどきの子どもたちにぜひ
    わかってもらたいことばかり。
     正直者は馬鹿をみる!
     勝ち組こそが是!
    そんな風潮が感じられる、
    ささくれだった世の中だからこそ、
    この1冊!という感じです。

    日々の生活や仕事で疲れた大人にもジーンときます。
    私も、何話か泣いてしまいました(’_’)

    被災地の方などにもきっと、
    心の癒しになるだろうなと感じました。

    久々にいい本に出会えました。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • ほかのだれかのために

    「ジャータカ物語」は、おしゃか様の前世でのエピソードについて書かれたインドのお話集です。

    小さな子供でもわかりやすいように、やさしい言葉で綴られており、むかし話として大変楽しい内容になっています。
    寝る前に、3才の子どもに読み聞かせをしましたが、とても熱心に聞いていました。

    寓話的で、さりげない戒めもふくまれていますが、物語たちの基本には「ほかのだれかのために」という、やさしい気持ちが流れているように感じます。
    子どもにも、それが伝わるといいなと思います。

    「自分の主張ばかりして、他人と競い合うことが当たり前の世の中って本当に平和っていえるのかな」
    エピソードの一つひとつを読み聞かせながら、自然とそんなことを考えさせられます。

    エピソードに添えられた絵もとても素敵です。
    お話ごとに心を込めて、一つの「作品」として描かれていることが伝わってきます。
    これらの絵の、独特の作風、世界観を鑑賞するだけでも、この本を手に取る価値は充分にあります。

    ちょうど映画で公開中の手塚治虫の「ブッダ」と併せて読むのも楽しいです。(同じエピソードも出てきます。)

    大人が読んでもとても面白いですよ!

    お勧めです!

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ジローとぼく / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット