ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちもちも」 みんなの声

ちもちも 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年01月
ISBN:9784752001393
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,688
みんなの声 総数 17
「ちもちも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいらしい 言葉であそべます♪

    てるてるぼうず?
    もち?のあかちゃん?・・・なわけないか

    ひろかわ氏の絵本って
    かわいらしい
    愛らしい

    これは、擬態語だけのようで
    赤ちゃんからOKかと

    「ちもちも」という
    語呂も ぴったりに感じます
    表情が豊かだし
    丸いし
    赤ちゃんは、喜ぶと思います

    成虫にならずに
    夢の中

    それもまたいいのかもしれませんね

    裏表紙も文字遊びのようで
    おもしろいです〜

    掲載日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬態語擬音語

    擬態語擬音語だけで書かれている画期的な絵本です。
    青虫ちもちもの生活が、オノマトペだけでみごとに表現されていることにビックリしました。
    考えると、身の回りにはオノマトペが溢れているのですね。
    幼児絵本ではあるけれど、表現のお勉強にはうってつけの教材だと思います。

    掲載日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3作目

    ぷちぷち、くりくり。

    それだけで終わりと思ったら、

    ちもちもという作品もあることを知り、

    喜んで、本屋で買いました。

    今回のお話は

    同じ音の繰り返しや

    似た響きを繰り返すお話・・・。

    こういう単純なお話は

    今でも大好きでよく読みます。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返し言葉

    繰り返し言葉だけで書かれた本です。
    日本語には、こんなにたくさんの繰り返し言葉があったんですね。
    本当に驚きました。

    いろいろと声を変えて読むと、子供もウケてくれましたよ。
    病院の待ち時間に読んだのですが、隣の小学生の男の子も見ていました。
    赤ちゃんから、大きくなってまで楽しめるのかと思います。

    いもむしが「ちもちも」進むように、のんびりした雰囲気になれる絵本でした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感心しました!!

    「ぽかぽか」から始まって、いろいろな
    重ね言葉がでてきます!!
    読んでいても、とっても楽しいですよ♪
    あおむしが葉っぱをかじるページがあるん
    ですが、その葉っぱを食べる表現の重ね言葉
    が、たくさん書いてあるんです。
    こんなにもいろんな重ね言葉があるんだと
    感心してしまいました。
    絵も単純でかわいらしいので、0歳のお子様
    からおすすめです♪

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵と言葉が素敵です

    すごく見やすいキレイな絵。暖かみがあって、虫さんも可愛くて色づかいもすごくいいので、娘は絵本を自分でめくって絵を見てるだけでもとても楽しそうにしていました。
    読んであげると、ことばの繰り返しが心地いいです。
    どこから聞こえる音かな?誰の音かな?そんな想像がいっぱい膨らみます。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちもちも

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    娘達が“ぷくちゃんシリーズ”大好きなので、
    ひろかわさんのこちらの絵本も読み聞かせてみました。

    やはり“ぷくちゃん”の方が秀逸ではありますが、
    上の娘は「ちもちも」という言葉の響きを気に入り、
    読み聞かせ後は1日中「ちもちも ちもちも」言っていました(笑)。

    色んな擬音語・擬態語の数々が、とても楽しい絵本でした。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム遊び

    くりくりに続く作品。
    青虫のちもちもがお散歩しながらいろいろな動植物に出会うストーリー。とはいうものの、たいしてストーリーはなく、とにかくリズムを楽しむ絵本。
    ミミズをながめて〜ぬるぬる にょろにょろ くねくね もじもじ
    絵の様子で親が読み方を工夫しながら楽しみます。
    小さい子には、たいしてストーリーはいらず、言葉の楽しさを味わうのも良いと思います。
    言葉を楽しめるお子さんにはおすすめの1冊です。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかでやわらかい表現

    かわいらしいインパクトのある表紙に惹かれ、手に取りました。

    繰り返しの言葉が絵のどの動作に当てはまるのかが一目でわかります。「ほー」っと感心させられる表現ばかりでした。
    可愛らしく単純に表現されています。

    読む側の力量も問われそうですが日本語のよさも楽しめます。
    おだやかでやわらかな表現には聞く側はもちろん読む側も癒されると思います。

    娘も、何度も読むうちに、自然とリズム感豊かに読んで聞かせてくれました。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひろかわさえこさん

    ひろかわさえこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。一筆書きのような少し太めの線がとてもセンス良く使われていて素敵だなと思いました。言葉が音を楽しみながら尚且つ自然に心地良く耳に響く音なので娘も喜んで聞く事が出来ました。同じ言葉を2回繰り返して使われているのが耳に残りやすくてよいと思いました。この絵本を読むことで音に対してもっと興味がわくと思いました。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット