あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

絵本の森へ」 みんなの声

絵本の森へ 作:松居 直
出版社:日本エディタースクール出版部
本体価格:\1,800+税
発行日:1995年05月
ISBN:9784888882330
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「絵本の森へ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本をこどもに読みたくなります

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    24作品が紹介されています。
    1作品1作品、7ページほど使って書かれているのでしっかりと語りが読めて面白かったです。
    知っている作品も多かったのですが、松居さんはこうとらえるのか等、楽しく読めました。時代背景や作者や作品のエピソードも豊富に書かれていて良かったです。
    『ひとまねこざるときいろいぼうし』の紹介のところでファンのこどもが憧れの作者レイ夫妻と会ったとたんに「あなたがたもお猿さんだとばかりおもっていたのに…」とがっかりするエピソードがいいエピソードだなーと思いました。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紹介数は少ないですが納得できます

    『絵本のよろこび』を読んで、とても参考になったので、具体的に絵本の紹介がしてあるこちらの本も読んでみました。

    息子に絵本を選ぶ時は、私なりに方針を考えています。でも、どうしても私の好みに左右されてしまい、まったく視界に入ってこない絵本もあります。

    こちらの本は、絵本紹介の本としては少なめの24冊の紹介でしたが、どれも納得できるものばかりでした。特にアジアの作家の絵本は、今までの私には馴染みのないものでしたが、著者の信念にとても共感を覚え、考えを新たにしました。

    既に知っている絵本も多かったのですが、大いに参考になりました。

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット