しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おさんぎつね」 みんなの声

おさんぎつね 作・絵:毛利まさみち
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年02月
ISBN:9784540961199
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お三狐伝説

    お三狐という伝説の狐が現代に登場したら。
    そんな前提で作られたお話です。
    伝説の狐は悪者のようですが、人懐っこい可愛い三吉として、微笑ましい物語になっています。
    ブロンズ像にしてもらって、改心したのでしょうか。
    親しみが持てて、想像を裏切る、怖くないお話でした。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な切り絵と伝えたいおはなし

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「モチモチの木」「花さき山」の滝平氏の作品に
    似てるけど、ちょっと近代的?

    と、気になって図書室より借りてきて
    じっくり読んでみました

    おさんぎつね・・・の話はどこかで
    読んだことがあるような
    似たようなおはなしでしょうか?

    おさんぎつねの昔話・・・そこから派生するんです

    やさしいみほちゃんとのふれあいで
    人間に対する気持ちも変わるかな?
    それとも、おさんぎつねは
    ちゃんと、人を見る目があるのかな?

    あとがきを読んで
    このおはなし作りのきっかけになった
    「お三狐」のブロンズ像のある
    広島県の江波の町は原爆ドームから3キロほどしか
    離れていないそうです
    戦後も、語り継がれるように
    という願いがあるのでしょうね

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット