十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

猫吉一家物語 春夏」 みんなの声

猫吉一家物語 春夏 作・絵:大島 妙子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年3月
ISBN:9784323035413
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,312
みんなの声 総数 13
「猫吉一家物語 春夏」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おめんをかぶったおばけ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    3歳の息子に読みました.漫画のようにコマ割りされてて,息子は今読んでるのがどこなのかを教えてあげないと,そこに目がいきませんでした.
    絵はかわいく,お話はほのぼのしてて温かく楽しかったです.うちもよくおにぎりもってお出かけしたりするので,墓場でおにぎりをほおばる猫吉一家を見て「おなじだね」と喜んでいました.道案内してくれた黒助一家がおばけだったとは,びっくりでした.猫のおめんをかぶってるおばけのお茶目さがかわいかったです.

    掲載日:2015/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • のどかな雰囲気いっぱい

    春らしい絵本を読みたくて探していた時に見つけた絵本です。
    布を売る仕事をしている猫吉一家。風景にとけ込みながら、みんなでのんびりと商売をしています。のどかな雰囲気がページいっぱいに広がっています。
    漫画のようにコマ割りになったシーンなどもあって、楽しく読める絵本でした。
    秋冬バージョンもあるようなので読んでみたいです。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今月のおすすめ

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    図書館に行ったときに「今月のおすすめ」の1冊として
    紹介されていました。

    漫画的な流れの話でしたが、
    とても読みやすくて、
    子供もすっかりファンになってしまいました。

    猫吉さんのキップの良さは、カッコいいし・・。

    春の小川も今の季節にピッタリですね。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘がはまりました!

     この絵本、娘がはまりました! 
    多分、初めて読む全頁コマ割の絵本。
    最初は、いつもどおり、私が読んであげたのですが、2回目からは、1人こっそり自分の部屋で! 
    どこがそんなに気に入ったのか、1日に何度も開いては、ひそかな楽しみを味わっているようです。

     以前から大島さんの絵が大好きで、本棚の絵本もずいぶんと増えましたが、どれも子どもから大人まで楽しめる作品ばかりです。
    猫吉一家の物語も、時代劇風の人情味あふれるお話で、心がほわっと温まります。
    すぐに続けて「秋冬」編も読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの物語。マンガと絵本の間…?

    舞台は江戸時代のとある村?という雰囲気。
    お話は一人息子の子猫、昆布助中心に描かれています。

    コマ割なのに吹き出しはなく、活字と手書き文字の入り交ざった構成が、マンガなのか何なのか、不思議な絵本です。

    きれいな色使いで、登場する動物たちの表情もちょっと可笑しくて可愛くもあり、大人も見ていて楽しいです。

    7歳の娘には、細部では理解できない箇所があったようですが、お話の大筋(オチは分かりやすいので)はとても楽しめたようです。

    巻末に、この本は福音館書店の雑誌「おおきなポケット」に掲載された作品に手を加えたもの…という説明があり、
    言われてみれば、この一風変わった構成といい、そんな感じ…と納得しました。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫吉一家の物語が大好きなので

    猫吉一家の物語が大好きなのでこの絵本を選びました。性格のかっこいいお父さんは勿論の事、お父さんを陰で支え励まし、息子の事を心から大切にするお母さんの気持の大きさもこの一家の大切な絆を深めていると思いました。お昼の休憩に食べている御結びは本当に愛情たっぷりで握ってあるのが伝わってきました。お父さんとお母さんが仲のいいのがとても印象に残りました。両親が仲が良いので息子も幸せに遊べるのだと思いました。幸せが流れ、ユーモアたっぷりの素敵なお話でした。シリーズがあれば是非読みたいです。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • まんがみたいなこまわりをしているので、小学校とか図書館での読み聞かせは無理かもしれないけど、2〜3人で頭を集めてわいわい読むには楽しいでしょうね。
    現在より少し前、大正か昭和のはじめの話じゃないかしら、猫吉一家はきれをうるのがなりわいとしています。でもね商売抜きで人情家でそのときの気分によってただであげちゃったりするのですよね。こんなので生活どうなってしまうのかなと心配していたら、ちゃんとお金では替えられないおちがついているので、ほんわか幸せな気分になるのですよね。
    とくに子供の昆布助が優しくていいのですよね。子供はみんな昆布助に共感するのでしょうね。

    掲載日:2007/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせには難しいけれど、いい感じ

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    表紙の明るくほのぼのとした感じに惹かれて読んでみました。
    主人公の猫吉一家は、ちゃきちゃき江戸っ子風で、人情家の布屋さん。
    布を買いに来るお客さんとの、どことなくのほほんとしたやりとりが楽しく、心地よい絵本でした。
    漫画のコマ割り風に描かれているので、読み聞かせには難しいのが難点ですが、子どもには、自分で読んでもらうことにしてしまいましょう。
    幼稚園位のお子さんでも、絵を追いかけて物語を楽しむことができます。
    読み終わった後に、なんだか心があったかくなるような絵本です。

    掲載日:2007/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの一家

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    漫画のようなコマ割りで描かれた絵本です。
    春と夏のおはなしの2本立てです。
    ほのぼのとした猫の一家の日常生活が穏やかに描かれています。
    そしてどちらのおはなしもびっくりすることがあります。
    子供たちは「なるほど〜。やられたあ〜。」と
    最後のサプライズに驚いていました。

    掲載日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫吉っつぁん、私にもきれ売っておくれ!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子15歳、女の子13歳、女の子11歳

    いつの時代のお話でしょう。人(登場するのは動物たちですが)を疑うなんて毛の先ほどもない時代。布を売る商売の猫吉一家、そこの一人っ子昆布助がある日であった人(?)たちとのふれあいやら、日常生活やらをコマ割で描いています。

    出会った人たちのオチもいいし、一コマ一コマに両親の愛情がたっぷり感じられて、心の奥のほうがあったまる感じです。

    娘たちにも大うけ。
    秋冬編も楽しみです。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット