もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

小人のすむところ」 みんなの声

小人のすむところ 絵:イブ・スパング・オルセン
訳:木村由利子
原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年12月
ISBN:9784593521050
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,752
みんなの声 総数 1
「小人のすむところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンゼルセンのお話でこのお話は初めて読みました。

    絵は イブ・スパング・オルセンアンゼルセン賞画家とありました
    少しくらい絵ですが陰影のある 絵画のようです!

    小人は 食料品屋の住み着いているのです。 おもしろいのは、奥さんのおしゃべりの口を 寝ている間に取り出して、樽や コーヒーひきやなどに取り付けて おしゃべりをさせるというおもしろいことするんです(ここが 小人のおもしろさです)
    こそに住む 学生は 本が好きで食べるものより 何より本を選ぶのですが・・・・

    ある時火事になる そんなとき人はどうする? 何を持ちだす(一番大切なものを持ち出すのですが)

    このお話では やはり生きるためには、食べ物が大切だということを小人のいわせているのです

    そうですよね 
    もちろん人間にはもう一つ 文化、文学的 本も大事なんだという思うのですが。

    文学青年のようでは生きられませんものね.....(本だけでは生きられない)
    なかなか 哲学的なお話でした。
    絵本の 表と裏表紙に小人が おかゆを持っている絵が 印象的です!

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット