もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おでかけ版ボードブック いいこでねんねできるかな」 みんなの声

おでかけ版ボードブック  いいこでねんねできるかな 作・絵:きむら ゆういち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784031241601
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,949
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さい子にいいです

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    小さい子に最適な本ですね。
    ボードブックで丈夫ですし、教えたいことがおはなしで楽しく学べます。
    しかけを子供が自分でめくれないうちは親がめくりますが、自分でできるようになったらお気に入りになる子は多そうです。
    寝かすのに一苦労している我が家の2歳児にしっかり読んであげたい一冊です。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんないいこでねんね

    出産祝いに頂きました。

    ゆうちゃんと仲間たちがみんなでねんね。
    各ページが簡単な仕掛け絵本になっていて、仕掛けをめくるとねんねしてしまいます。
    単調な言葉の繰り返しなので、小さいこどもにも親しみやすいみたいです。

    6ヶ月過ぎ位から読み始め、すぐに自分でページをめくりたがるようになり、
    言葉が出るようになった頃には「ねんね」や「ぐおー」など真似しながら聞いていました。
    勢いのあるかいじゅうさんのねんねが一番好きなようです。

    おでかけ版は小さく場所もあまり取らないので、
    電車移動の時や帰省の際に持って行って読むことも多かったです。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボードブックはいい

    紙を食べてしまう我が子には、ボードブックはとても助かります。

    この本は、子どもが初めて大好きになった本かもしれません。
    一日に何度も持ってきて読んでくれとせがみます。
    読み終わっても「んっ!んっ!」と言って、何度もねだってきます。
    かいじゅうさんのページがお気に入りで、イラストと一緒にばんざいしたり、けらけら笑ったりしています。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット