クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

せんそうってなんだったの?7原爆・沖縄」 みんなの声

せんそうってなんだったの?7原爆・沖縄 監修:田代 脩
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784052027321
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「せんそうってなんだったの?7原爆・沖縄」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 別の視点から見た広島、沖縄

    戦争体験者の語りを絵本で紹介しているシリーズの第7巻です。
    このシリーズを読み続けているに従い、自分の戦争認識が先入観と一面的なものであったように思いました。
    戦争は悲惨なものであり、繰り返したくないことですが、その時代にもいろいろな生きざまがあり、子ども時代があり、単純にひとくくりにしてはいけないと思います。
    子どもたちと学んでいきたいと思います。
    この絵本では、広島原爆、沖縄戦を一歩離れたところの体験者としてのお話が載っています。

    第1話
    「おねがいです、水をください」 井上こみち:文 / BOOSUKA:絵 
     小学校時代に広島県の呉で過ごしたことがあります。
     広島市のすぐそばなので広島原爆のことは他人事ではないのですが、この絵本を見て呉からは原爆がこのように見えたのだと感じました。すぐそばでいながら直接被害を受けなかった町。
     駅員として働いていた澤田さんは救援者として見たこと体験したことを心に秘めています。目の前で死んでいく人を見続ける地獄はいかばかりだったか。
     自分たちも直接体験者にはなれません。澤田さんの心をくみ取りたいと思います。

    第2話
    「沖縄の人をすくったアメリカへい」 藤崎康夫:文 / 中沢正人:絵
     日系人のアメリカ兵として沖縄に来た坪田さんの体験談です。
     日本人を父に持つ坪田さんにとって日本はあこがれの国でした。
     それが、戦争によって収容所に入れられ、そして徴兵によってアメリカ兵として戦争に参加したのです。
     坪田さんの勤務は沖縄に上陸したアメリカ兵の中で、敗戦直前の日本民間人を助けること。
     日本人からすればアメリカ兵は敵であり、捕えられたら何をされるか解らない。
     反撃できないと知ると「自決」していく。
     日本人でもあるアメリカ兵としての思いはいかばかりだったか。
     戦後も日本に残り、日本人として生活する坪田さん。
     お互いに人間なんだということを忘れてはいけない体験談でした。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット