モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

せんそうってなんだったの?8戦後」 みんなの声

せんそうってなんだったの?8戦後 監修:田代 脩
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784052027338
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ホッとしたシリーズ最終巻

    戦争体験者の語りを絵本で紹介しているシリーズの第8巻です。
    このシリーズの最後が戦後であってホッとしました。
    戦争が終わり、復興の希望が描かれているからです。

    第1話
    「白いおにぎり」 藤崎康夫:文 / 倉石琢也:絵 
     戦後1年4カ月。捕虜としてフィリピンに留められていた兵士の帰国の話です。白いおにぎりがおいしかったことともに、戦時中の苦労話が語られます。そして生き残った者として、戦地で亡くなった友人の家族を慰問して歩いたことが書かれています。
     戦争についての悲しさとともに、生き残ったことへの喜びが感じられます。
     
    第2話
    「ふっ活した百花園」 正岡慧子:文 / 山口みねやす:絵
     東京大空襲で焼け野原になった墨田区の向島百花園の復興の話。
     このシリーズではじめて、人ではなくいちょうが語っています。
     百花園の復興のための苦労話が書かれていますが、戦争が終わったことの安堵感と復興への希望が満ち溢れています。

    シリーズの最後にして、希望を見つけました。
    やっぱり、この手の話は希望で終わらないといけないと思います。
    その分他の巻に比べて重さが薄らいでいるようではあります。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット