十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ねんどの神さま」 みんなの声

ねんどの神さま 作:那須 正幹
絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年12月
ISBN:9784591041772
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「ねんどの神さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 逆説的な反戦絵本

    『ズッコケ三人組』シリーズを書いた那須正幹が手掛けていることに驚いて手にした図書です。

    家族を戦争で失い、おばあさんのもとに引き取られた少年が通った過疎村の小学校。
    戦争直後、少年は戦争が再び起こらぬよう、あのような兵器を作らないと誓って「ねんどの神さま」を作りました。
    それから50年後。
    閉校となった小学校の倉庫で眠っていた「ねんどの神さま」が「怪獣」となって東京に向かいます。
    映画「ゴジラ」の第1作のような鋭い社会批判となっています。

    立ち向かう自衛隊。
    「怪獣」と倒すためにいろいろな兵器が使われ、「怪獣」は倒れないけれど巻き添えになった多くの人々が亡くなります。
    「ねんどの神さま」が向かったのは、かつて自分を作ってくれた少年でした。
    少年は兵器を作る会社の社長になっていたのです。
    結末は残酷です。
    そして解決感がなく、社長は胸のつかえが取れたことにホッとして兵器を作り続けるようです。
    子どもの心はここまで変ってしまうのかという、痛烈な皮肉をこめた作品です。

    この絵本を紹介するのには少し勇気がいりました。
    しかし、児童文学者でありながら平和活動にも力をいれている那須正幹さんの実験的な作品としてお薦めしたいと思います。
    なにしろ、近頃読み聞かせに無反応の中二の息子がじっと見入ってくれましたから。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット