もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

草花とよばれた少女」 みんなの声

草花とよばれた少女 作・絵:シンシア・カドハタ
訳:代田亜香子
出版社:白水社
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784560027431
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は12歳

    日系人の12歳のスミコは花農家に引きとられて暮らしています。冒頭で誕生日会に誘われるのですが、門前払いをされます。

    この出来事からしても日本人がアメリカで差別されていたことがわかるのですが、第二次世界大戦下、日系人は敵国ということで収容所に収容されるのです。

    ある日を境に持っていた財産を失い、全く別の生活を余儀なくされること、戦争でなくても地震による被災でも。

    読んだ時期が、東日本大震災の後ということで、スミコの置かれた状況がどうしても重なってしまいました。

    なぜかといえば、地震を契機に日本人であることを強く意識したことです。

    収容所の生活で聞かれる日本人的な言葉「ハジ」「シカタガナイ」「ガマン」などは、すべて日本人であることのアイデンティティの一部だからです。

    物の豊かな時代でも、過酷な現実は襲うことがあり、そのことに人としてどう立ち向かうのか、絶望し怠け者になる者もいるでしょう。

    でも、スミコは花農家で得た経験を活かしながら収容所でも花を作るのです。

    戦時中の日系人のことは、ドラマなどでも見たことがあります。

    日本人であることを選ぶのか、住んでいる国であるアメリカ人であることを選ぶのかは、究極の選択でしょう。

    YA作品を読み始めたところですが、どれも外国人が主人公、この作品については日系三世の作家が描いていること、

    主人公が日系人ということで、どうしても自分の身に引き付けて読むので、状況がとても切なく響いてきました。

    とても深刻な話でありながらも、スミコのひたむきな芯の強さや希望を失わない姿に清々しさを覚えるのでした。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット