だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると」 みんなの声

日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると 作・絵:イ オクベ
訳:おおたけ きよみ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2011年04月01日
ISBN:9784494019663
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 非武装地帯の中では 

    朝鮮半島の中央で北と南を分断する非武装地帯。
    私の若い頃「イムジン河」という歌がありましたが、祖国を無断された人々の思いと、人の思いとは違って、ゆったりとした自然があること、渡り鳥たちが行きかう様が印象に残っています。
    この絵本は、非武装地帯の自然と、それを見つめる老人の思いを描いています。
    非武装地帯では、動物、魚たちは、邪魔されることなく南北を行き交い、平和に過ごしています。
    そして、非武装地帯を囲む鉄条網のそばでは、有刺鉄線を張り替えたり、軍事訓練をしたり、非武装地帯の向こう側を常に意識した人間がいます。
    老人は非武装地帯を眺めながら、本当はその中に入りたいのです。
    向こう側にいる自分の近親者たちと、抱き合いたいのです。
    一つの国が分断される悲劇を感じます。

    非武装地帯の自然の中には、昔の朝鮮動乱期の戦いの残骸が何気なく埋もれています。
    そして、皮肉にも、動物たちにとっては「楽園」になっているのです。
    絶滅寸前の動物たちが生きのびるのは、人の入らない場所。
    第三者として眺めるのと違って、韓国の人の思いは複雑でしょう。

    動物たちも守られながら、この地帯がせめて交流の場になれば良いと思います。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 朝鮮半島

    ニュースなどで、朝鮮半島の非武装地帯については知っていました。
    しかし、動植物の楽園という一面もあったのですね。
    この点については、本当に驚きました。
    物々しい雰囲気とは対照的な、豊かな自然。
    そして、祖国を想うおじいさん。
    平和について、深く考える内容でした。
    高学年になれば、かなり理解できるでしょう。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット