あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

のっぽのサラ」 みんなの声

のっぽのサラ 作:パトリシア・マクラクラン
絵:中村 悦子
訳:金原 瑞人
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,204+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784828813035
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「のっぽのサラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 爽やかなストーリー

    アンナとケレイブの母はすでに亡くなり、父は新聞広告で花嫁を募集します。

    今から思うとびっくりするような展開にも感じますが、とても爽やかなストーリーでした。

    最初に出てくるサラと手紙のやりとり。これだけでもサラの人柄が感じられてとても好印象でした。

    アンナとケレイブ姉弟はサラが家にずっといてくれるのかどうかをとても心配するのですが、

    読者である私もサラがこの家にいてくれることを願わずにはいられませんでした。

    短いストーリーなのですが、読後感がとても暖かくまた爽やかでした。
    続編もあるそうなのでそれも読んでみたいです。

    この話は、作者・パトリシア・マクラクランの祖父の時代に本当にあったということです。

    ニューベリー受賞作品でもあり、今まで読んだ受賞作品は少女の成長を描いたものが多かったように思いましたが、

    こちらの作品は家族について考えさせられました。

    掲載日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット