しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しゃっくりどろぼう」 みんなの声

しゃっくりどろぼう 作:たかし よいち
絵:福田 庄助
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1981年
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「しゃっくりどろぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬がお犬様と言われていたころのお話
    犬は道の真ん中を歩き、人は道端を歩いていた。
    犬達は、泥棒を10人捕まえると位がもらえ金の犬小屋に住む事が出来ました。登場する「クロ」は10人目の泥棒にしゃっくりを移されます。きつねから「泥棒からでたしゃっくりは珍しいので大切にするように。」と言われるのですが、そのどろぼうしゃっくりがクロの口から飛び出し殿様の口に入ってしまい、クロは殿様に飛び掛ってしまいます。
    怒った殿様はクロをたたいてしまうのです。

    民に、犬を大事にしなかったら罰を受けさせると命じた殿様自身が、その掟を破ってしまう風刺を込めた笑い話です。
    最後に殿様が縛られ口をポカンと開けているところが可笑しい。
    人の上に立つ者は自分勝手な思いを民に押し付けてはいけないこと、自らその掟を破って初めて自分の過ちに気づく。

    私自身も自分の思いを人に押し付けてはいないか、また子供達に押し付けていないか考えてみたくなりました。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 高学年向きかな

    どろぼうから出た厄介なしゃくり、どろぼうから犬のくろへと点々と
    していく様子が面白かったです。結局、つかまるはずのどろぼうが
    おとのさまを逆に捕まえたという話。内容的には面白いのですが、
    子供にはよくわかっていなかったようでした。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / こいぬのうんち / ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット