だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

じてんしゃがくるよ」 みんなの声

じてんしゃがくるよ 作:楠 章子
出版社:自転車産業振興協会
本体価格:\0+税
発行日:2011年
評価スコア 4
評価ランキング 18,553
みんなの声 総数 6
「じてんしゃがくるよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じてんしゃに乗る気持ち

    夏休みに帰省していた4歳4ヶ月の孫娘。
    補助輪付き自転車が欲しくて、
    ジイちゃんに買ってもらったところでした。

    図書館でこの絵本を借りて
    読み聞かせたのですが、
    もうすでに 自転車を買ってもらって持ってるよ。。という気持ちだったのか、
    孫の気持ちとは ちょっとちがっているようでした。

    最後のところで
    男の子がおばあちゃんに
    クリームパンを買って届ける場面では、
    私に向かって、
    「ばあちゃん欲しい?」と、孫に聞かれたときは、
    絵本の世界に入っているようでした。

    自転車に関する注意などが
    書かれていて、それも読み聞かせて話しました。

    絵本を通じて
    孫と接することができてよかったです。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い自転車!

    息子は今自転車が欲しくてたまらない時期。
    この絵本を読んで、もっともっと欲しくなったようです。

    「ママといっしょにじてんしゃでおでかけしようね」って。

    ベットに寝たきりのおばあちゃんが、
    誕生日に買ってくれると約束した自転車。
    その自転車に乗ってお出かけすることを男の子は空想します。

    交通ルールを守って安全運転で。
    おばあちゃんにたくさんのお土産をかかえて帰ってくる男の子。
    このシーンは、大人の心をジーンとさせます。

    こんな優しい子に育ってほしいなぁ。

    息子にはいつ自転車が届くかな?

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自転車とセットでプレゼント

    男の子の誕生日に、おばあちゃんが自転車を買ってくれます。

    「ぼくの自転車、何色かな〜」とワクワクして、色々と楽しい想像をしちゃう・・・お話です。

    途中、何度か出てくる「るんるん るーん」「るんたった」が、とてもリズミカルで、とても読みやすいです。

    自転車産業振興協会から出されている本だけあって、
    〇自転車を安全に乗るために気を付ける事
    〇自転車屋さんで、付けてもらうマーク

    などが書いてあるので、これから自転車を乗る子供達に読んでもらいたい絵本です。

    自転車とセットでプレゼント、いいかも・・・

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自転車が欲しい〜

    ちょうどうちの子も自転車が欲しいと言っていました。そんな時にこの本を読んでしまった・・・・。内容はおばあちゃんに自転車を買ってもらう男の子が楽しんでいる様子が描かれていました。それを見て、ますます自転車が欲しい〜って言うようになりました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    おばあちゃんに買ってもらう自転車。
    どんな色かな、って
    想像するうちに、
    いろんなところへ出掛けてしまって
    春風も一緒に、おばあちゃんところに連れてきた。
    自転車って楽しいね。
    自分の自転車が待ち遠しい気持ちがわかりました。

    絵本としては、文や絵が広告みたいで、
    どうかなと思いますが
    自転車の楽しさは感じ取れると思います。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく自転車

    もうすぐ男の子の誕生日。おばあちゃんが自転車を買ってくれる約束です。自転車がきたら、原っぱに行ったり、海辺に行ったり・・・男の子の想像は膨らみます。

    ちょうど先日ついに補助輪なしで自転車に乗れるようになった娘。
    タイムリーな絵本でした。
    自転車に乗って色々な場所にサイクリングに出かける楽しさ。
    男の子のウキウキする気持ちが伝わってきます。
    この男の子は自転車も好きだけど、おばあちゃんのことがとっても大好きなんですね。
    男の子の優しさが嬉しかったです。

    この絵本は、自転車産業振興協会で出版されたようで、お話の中やあと書きに、自転車に乗る時のルールや気をつけたほうが良いことなど書かれているので、娘と再確認しながら読みました。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット