おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ラルーシとひつじのぼうや」 みんなの声

ラルーシとひつじのぼうや 作:サゾン・スラザーコフ
絵:ベーラ・フレーブニコワ
訳:松谷 さやか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784834017861
評価スコア 4
評価ランキング 18,544
みんなの声 総数 6
「ラルーシとひつじのぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 羊の子といっしょの生活

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    ロシアのアルタイ民族の日常生活を描いた作品です。
    朝早く牛の乳しぼりに出かけたおばあちゃんが、羊の子が生まれたからと言って連れ帰ってくるのです。
    少女ラルーシはその世話を任され、一緒に生活するのですね。
    おままごとよろしく、遊びながらもちゃんと世話をするラルーシの姿が微笑ましいです。
    そして大きくなったある日、羊の坊やは群れに返されます。
    でも大丈夫。
    羊の坊やもラルーシも、それぞれ、楽しく自分たちの生活に戻るのです。
    このあたりは、お互いの関係が絶妙なのでしょうね。
    牧畜生活のスケッチを見ているような読後感でした。

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牧畜の生活

    ロシアの絵本が好きなので、私が選んで2歳の息子に借りてきました。

    対象年齢に4歳からと書かれていますが、絵に対して文章が少なめで、特におちもないストレートな話なので、2歳の息子でもじゅうぶんに内容を理解して聞いていました。息子は、特にひつじのぼうやが留守番をしている時に鏡を割ってしまうところが気に入っているようでした。最後の別れの切なさはまだわからないようでしたが。

    我々とは生活形態が違う人たちが題材ですが、素直に読める作品だと思います。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひつじのあかんぼう

    生まれたばかりのひつじの赤ん坊がとても可愛いです。

    まだ、ちゃんと立てないひつじの赤ちゃんのお世話をラルーシは、とて

    も慣れているようです。

    ミルクを飲ませたり、おかあさんの代わりをとても愛情を持って接して

    いると思いました。よちよち歩きのひつじさんに、孫もそんな日が早く

    こないかなあって夢を抱きました。

    ひつじさんに洋服を着させたりさすが女の子だと思いました。

    ラルーシが編んでいる草色のひつじさんがいっぱい描かれているマフラ

    ーにラルーシのひつじさんへの思いがいっぱい込められていると思いま

    した。大人の仲間に仲間入りしたひつじさん、とっても嬉しそうですが

    ラルーシと一緒に楽しく過ごした日々は、心の中に永遠に残っていると

    思っています。絵も優しさがいっぱい伝わってきました。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましく思いました

    羊の主人公の本が珍しかったので、借りてみました。

    羊のぼうやとラルーシの関わり方が微笑ましく思いました。

    動物の赤ちゃんというのは、つい抱っこしてしまいたくなるように愛らしいものなのだろうなと思います。

    淡々とした感じはありましたが、羊が大人になっても牧場に行けばすぐに会えるのでしょうから、別れの辛さは特に感じなかったです。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意図がつかみづらかったです

    きれいなグリーンの背景にたくさんの白い羊たちが描かれた表紙が可愛くて
    借りてみた絵本ですが、
    読んでみたら中のイラストは全然雰囲気が違い、ちょっとがっかり
    してしまいました(^^;

    ラルーシの家で生まれたひつじのぼうや。
    自分の世話をしてくれるラルーシに、いつもついてまわります。
    でも、どんどん大きく育っていくひつじのぼうやと、ずっと一緒に
    暮らすことができなくなる日がくるのです。

    誰でも慣れた場所を離れて、新しい環境で生活するときがくる
    ということを言いたかったのでしょうか?
    毎日一緒に仲良く暮らしていた少女とひつじの別れなのに、
    やけに淡々と元の生活に戻ってしまって、
    このお話が伝えたいことが分かりづらかったです・・・。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物とのかかわり方

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     ラルーシは、羊の子を世話する事になりました。一緒に遊んだり、朝は起こしてくれたりします。でもある朝、群れに帰さなくてはいけないのです。でも、女の子は泣くわけでもなく、楽しく遊んでいるのです。
     昔から、そうして来た地域の話しなのでしょう。本当は、どう動物を扱うのが良いのか、長い間の風習で分かっているのでしょうね。

    掲載日:2004/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット