ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

旅するベッド」 みんなの声

旅するベッド 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:長田 弘
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784593504152
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,968
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 自分だけのまほうのことば

    3歳の息子、6歳の娘と読みました。ジョン・バーニンガムの絵はほのぼのとしていて、でもスケールが大きくて素敵です。子どもたちもジョージーの楽しそうな旅をみて、目を輝かせていました。
    最後の「じぶんだけのまほうのことばをみつけるんだ。そうすればきみも遠くまで旅することができるよ」というセリフに、ドキドキしました。私も自分だけのまほうのことばをみつけたいです。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢のあるお話

    ベッドを買いに行って、中古の不思議なベッドを見つけることから始まる物語。自分だけのまほうのことばを見つけて、それを唱えると、ベッドでどこまでも旅に行けるなんて、とっても素敵!
    素敵な夢が見れそうで、夜眠るのが楽しみになりそう。夢のあるお話です。バーニンガムさんの絵本って想像力豊かで面白いです。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の言葉

    自分だけの魔法の言葉。一体何なんだろう。ワクワクします。
    魔法のベッドで旅していく様子がとても楽しみになります。
    後半、長旅から帰った後の展開にぎくっとしました。まさか、こんなラストは嫌だ!とついページをめくるのが早くなってしまいました。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のあるベッド

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    主人公の男の子が中古店で手に入れたのは、旅するベッド。
    いろんな場所を旅します。
    不思議で、まるで夢のようなベッド。
    柔らかな夢の中のような色合いの絵本に魅せられます。
    読みながら寝たら、とびきりいい夢が見られそうです。
    ぜひ試したいな☆

    掲載日:2015/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとこのロマン

    すごく、おとこのこゴコロをくすぐるお話だなって思いました。

    ジョージとお父さんは、新しいベットを選ぶのに古物屋に行って、不思議なベットと聞き、古ぼけたベットを買ってきます。
    そして、ふたりで隅々まで洗って綺麗にします。

    もちろん女性陣は苦い顔。

    毎夜、繰り広げられる冒険ストーリー。
    「新しいベットなんかいらない!」

    見た目や機能性よりも、夢を大切にする。
    “おとこのロマン”だなぁって思いました。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の言葉

    古物屋でジョージーが買ってもらったベッドで魔法の言葉を唱えるといろんな世界にベッドが連れて行ってくれます。
    夢が広がるお話です。たんたんと場面が切り替わり、ベッドの旅は海賊や魔女にも会うことができます。自分だったらどうしようかとあれこれ考えるのも楽しいようで、最近の寝る前のお気に入りの1冊になっています。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢なのかな

    「旅するベッド」は、不思議なベッド・夢みるベッドとも言えるかと思います。
    古物屋で買ったなんて、運命的な出会いを感じます。
    ジョージーがベッドで旅した場所は、実に様々です。
    男の子が好きそうなジャングや海賊から、女の子も好きそうな魔女のほうきまでと、性別問わずに楽しめる本だと思います。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の夢

    大人には見えないもの
    体験できないもの、聞こえないもの。
    それら一番輝いているものが
    子供には見えます。


    この本も子供も素直な感情が現実から飛び出し
    夢のような現実のような
    素敵な世界へ迷い込みます。
    大人はもっと子供を真剣に見なければと思いました。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の世界

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    毎日ヒーローの夢が見たくて
    枕の下に人形を忍ばせている息子には衝撃的な絵本だったようです。
    「ベッドがいい」(布団なので・・・)
    「呪文はなに?」
    とものすごい食いつきでした。

    親には言わないだけで
    実は結構多くの子供は旅しているのでは?と
    感じました。
    ベットが特別なのでなく、子供の世界が神秘的なんだよなぁって
    うらやましく懐かしみました

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でかける魔法

    主人公の少年が骨董屋さんで見つけたベッド呪文の言葉で旅する絵本です。

    どんな呪文は本の中には書いていません。
    そこがバーニンガムさんはすごいなぁって思います。

    自分だけの呪文を見つけてベッドに乗って旅をする!

    眠る前に読むと少し眠ることが楽しみになる絵本です。

    子供のときにこの本に出会えば、うまく自分に魔法をかけられるようになれるかも!?

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット