もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ともだちができたよ ニューヨークからの手」 みんなの声

ともだちができたよ ニューヨークからの手 作・絵:河本 祥子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784579403271
評価スコア 4
評価ランキング 21,979
みんなの声 総数 2
「ともだちができたよ ニューヨークからの手」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごくわくわくして読みました

    主人公のたけしが、ニューヨークに引越ししてから日本にいるおじいちゃん、おばあちゃんにお手紙を書いて暮らしぶりを知らせています。4番目の孫も”たけし”なので、ちょっと嬉しく読みました。絵が素敵で、ページを開くのが嬉しくなりました。とても毎日楽しく過ごせているし、お隣のディビッドとお友達似なれたのが一番よかったと思いました。仲良し6人組の仲間になったのもなによりでした。すごくわくわくして読みました。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニューヨーク郊外の暮らしがわかります

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    河本さんがニューヨーク郊外のポートワシントンに住んでいたことがあるそうです。この本はその時の体験がもとになっているのでしょうね。周りの人々が暖かく河本家を迎え入れてくれたことが感じられます。きっと、幸せなアメリカ生活だったのでしょう。

    また、引っ越した一家の暮らしぶりもよくわかります。特に、四季様変わりする自然や、家の中の家具調度、お店の中の様子など、もともと絵の人だからでしょうか?細かい所まで描かれています。

    この人の作品に「りすのクラッカー」がありますが、ニューヨークでの暮らしがヒントになっているのでしょうか。この本にも随所にりすが登場します。

    掲載日:2004/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット